2024年 04月21日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2023.05.03 19:00

YAMAKIN EVA連―2023よさこい祭り全チーム紹介

SHARE

2019年撮影

2019年撮影


◆チーム名/出場回数/都道府県/踊り子数
YAMAKIN EVA連、4回、香南市、80人

◆どんな人たちのチーム?
歯科材料メーカーの「ヤマキン」のチーム。社員40人。社員の知人、県外のリピーター、高校生以上の学生も。笑う歯という意味の造語「笑歯(えば)」が由来。

◆アピールポイントは?
会社の理念「世界に向けて日本の文化や幸せを届けよう」を反映させる。「祈願演舞~ハピネス~」がテーマ。幸せをつかむために、夢や目標、新しいことへの成功祈願を込めて皆様の願いとともに幸せをつかみ、土佐国から笑顔をお届けする。「えば・えば・ふぉーえばー」の掛け声が14回出てくるのがポイント。

◆音楽は?
作曲家、ベーシストの中島崇さんの作品。楽曲は和と洋の融合をイメージした。和太鼓や笛などを使って和要素を出しつつ、ベースやドラムで洋な感じも前に出す。ベースは、中島さんが自ら弾いている。「ヤマキン」と社名を言う冒頭部から、かっこいい雰囲気。

◆踊りは?
高知の振付家、紀井昌希さんの作品。和と洋の融合をイメージして、ブレイクダンス風の振りを入れている。静と動の融合を意識して女性がかがんでいる間に男性だけが踊る、男性がかがんでいる間に女性だけが踊るというパートをつくった。「えば・えば・ふぉーえばー」の掛け声がかかるところは「えば」で左手を上げて、2回目の「えば」で右手を上げて。「ふぉーえばー」。万歳!

◆衣装は?
和風。男性は青と白がメインカラーで帯が金色。女性は赤と白で帯が金色。男女ともに上半身は白。裏地が男女でそれぞれ青、赤になっており、演舞中に体を動かす時に裏地が見え、全体が青に見えたり、赤に変わったりする。

◆地方車は?
YAMAKINのロゴマーク入り。

◆鳴子は?
やまもも工房の「鳴る鳴子」。白っぽい木材の本体に、三本の鳴る部分は青、緑、赤。

2019年撮影

2019年撮影


情報は随時更新します。今年はどんな踊り?お楽しみに!

【チーム関係者の方へ】→過去の本番や、練習中の写真を掲載しませんか?LINE窓口へどうぞ!

特集 よさこい祭り

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月