2024年 04月21日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2023.05.03 19:00

ミヤタジュク JAPAN with 高知ハウス―2023よさこい祭り全チーム紹介

SHARE

2019年撮影

2019年撮影


◆チーム名/出場回数/都道府県/踊り子数
ミヤタジュクJAPAN with高知ハウス、15回、高知市、125人

◆どんな人たちのチーム?
よさこい祭り50回(2003年)に合わせて、当時一緒にサーフィンやスノーボードで遊んでいたメンバーで立ち上げた。1回だけの思い出作りのつもりだったが、20年たった。20、30代が中心。4~66歳。人数制限は設けているが、子ども枠もある。4年間やっていなかったので新規メンバーが多い。関東、関西支部もある。

◆アピールポイントは?
テーマは「スパーク」。コロナで久しぶりの祭り。祭りができることが当たり前ではないので、はじけよう。

◆音楽は?
今回は特に明るく、ノリノリな感じにした。代表が男性ボーカル。今回初めて女性ボーカルをつけて、新たに男女の掛け合いに取り組んだ。

◆踊りは?
曲は毎年変えている。若い踊り子も多いので、お祭りの踊り的なパートと、若い踊り子が喜ぶようなキレキレのダンスのパートを両方入れている。振り付けは祭りパートはプロの池田ゆみこさんに頼み、ダンスパートは代表の夫人がつくっている。

◆衣装は?
緑と青の着物調の衣装。緑はもともとのチームカラーで、青は今年からパートナーになった高知ハウスのイメージカラー。

◆地方車は?
チームカラーの緑の地方車。一度見たら一瞬でうちの地方車と分かるように、看板のような役目を果たす地方車に。デザインは、見る人に覚えてもらいやすいように数年ごとにしか変えない。ヤスマル工房さんに発注。

◆鳴子は?
鳴子にもチームカラーの緑を差し色に使っている。やまもも工房さんで制作。

2019年撮影

2019年撮影


情報は随時更新します。今年はどんな踊り?お楽しみに!

【チーム関係者の方へ】→過去の本番や、練習中の写真を掲載しませんか?LINE窓口へどうぞ!

特集 よさこい祭り

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月