2024年 04月21日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2023.05.03 19:00

ひなた―2023よさこい祭り全チーム紹介

SHARE

チーム提供

チーム提供


◆チーム名/出場回数/都道府県/踊り子数

ひなた、1回、愛知県、35人

◆どんな人たちのチーム?
名古屋市中区を拠点に2015年に結成して、ずっと愛知、岐阜、三重などのお祭りで活動していたが、今回初めて、本場・高知のよさこいにチャレンジした。コロナの間にメンバーも減った。愛知のチームは激しい振り付けが多く、それよりも楽しさを目指そうとしていたところ、高知のよさこいに参加している人たちが楽しそうに踊っていることを知り、この路線に変えていこうと考えた。踊り子は20~40代。

◆アピールポイントは?
テーマは地元の「長者町繊維街」で行われている「ゑびす祭り」。長者町はかつては商人の街として栄えていたが、バブル崩壊後に問屋の廃業が相次ぎ、今はシャッター街が目立つ。その街を盛り上げていこうという祭りの空気を踊りに取り入れた。

◆音楽は?
メンバーの女性2人がシンガーとなり、明るく、楽しく歌い上げる。Jポップ調。「らっしゃい、らっしゃい」と商人らしい掛け声がある。よさこい節のところに、地元の「名古屋ばやし」を取り入れている。

◆踊りは?
商人のお祭りをイメージした振り付け。「年1回、街で集まって騒ごうよ」と、にぎやかに舞います。

◆衣装は?
赤と青が基調。昔、長者街では、商人が東西に分かれて競い合っていたという話を聞き、その対立を表すため、はっきり分かれた色にした。前掛けにゑびす祭りの「ゑ」をデザイン。袖は青の衣装は青、紫、白。赤の衣装はオレンジ、黄、ピンクが混ざり合った配色。さびれた街を楽しい雰囲気にしようと施されたシャッターペイントをモチーフにした。

◆地方車は?
愛知から初めて参加するため、装飾にあまり時間もお金もかけられない。ゑびすの「ゑ」のロゴマークをどこかに取り入れる。

◆鳴子は?
特注。チーム名の通り、太陽をイメージしたデザイン。本体は白で、バチの部分がオレンジ。

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供

チーム提供


情報は随時更新します。今年はどんな踊り?お楽しみに!

【チーム関係者の方へ】→過去の本番や、練習中の写真を掲載しませんか?LINE窓口へどうぞ!

特集 よさこい祭り

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月