2024年 04月21日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2023.05.03 19:00

au―2023よさこい祭り全チーム紹介

SHARE

2022年撮影

2022年撮影


◆チーム名/出場回数/都道府県/踊り子数
au 、19回、高知市、150人

◆どんな人たちのチーム?
auの社員が運営し、応募した人が踊るチーム。3歳~40代で20代が中心。

◆アピールポイントは?
auの今年のキャッチコピー「ココロ、オドルほうで。」がテーマ。それぞれの踊りたいスタイルを大事に、多種多様な踊りを取り入れた。正調のようなゆったりした部分もあれば、相撲のような振りやピストルを撃つような仕草など、これまでにない振りで楽しませたい。auのCMでおなじみの三太郎など12のキャラクターとオリジナルキャラクターも隊列に紛れて一緒に踊る。これ何のキャラやろ?と考えて楽しめる。

◆音楽は?
 「雑音軒」さんの制作。「愛じゃ 愛じゃ」といった沿道からも歌いやすいキャッチーなかけ声が入り、踊り子と観客が一体になれる。

◆踊りは?
高知の振付師、紀伊昌希さんが制作。「心揺らすトリガーは」の歌詞に合わせたピストルを撃つ仕草や、「愛じゃ 愛じゃ」のかけ声で愛を届ける仕草など、細かい面白い振りがふんだんに詰め込まれている。 

◆衣装は?
昨年、かわいいと好評だったシャボン玉柄を使い、初めて白と黒の着物にチャレンジ。「高校生のチームでしょ」と言われることもあるが、結成22年でもう成人。20、30代の踊り子さんにも気にせず楽しんでもらえるよう、大人のauを目指す。高知市の「品勘」さんに依頼。 

◆地方車は?
 「T-project」さんの制作。白と黒にシャボン玉柄。上からシャボン玉を散らし、盛り上げる。

◆鳴子は?
auのロゴ入り鳴子。指先まで使う振りが多いため、扱いやすい持ち手の細いものにした。

2019年撮影

2019年撮影

2019年撮影

2019年撮影


情報は随時更新します。今年はどんな踊り?お楽しみに!

【チーム関係者の方へ】→過去の本番や、練習中の写真を掲載しませんか?LINE窓口へどうぞ!

特集 よさこい祭り

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月