2024年 04月21日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2023.05.03 19:00

いちぜん―2023よさこい祭り全チーム紹介

SHARE

2017年撮影

2017年撮影


◆チーム名/出場回数/都道府県/踊り子数
いちぜん、6回、高知市、100人

◆どんな人たちのチーム?
よさこい好きの若者が集まって立ち上げた。20代が8割。

◆アピールポイントは?
桂浜にちなんで「海が踊る」がテーマ。波や魚を踊りで表現。お客さんも巻き込む「全員参加型よさこい」を目指し、掛け声で盛り上げる。一緒に手拍子や掛け声をしてくれたら最高!

◆音楽は?
高知市で「サリーズバー」を経営する浜田さおりさん率いるバンドが作曲。アップテンポな楽しい曲。正調の前の「ソーレ ソーレ ソレ ヨイサ!」のかけ声で盛り上げる。

◆踊りは?
自分たちで振り付け。手をクネクネする振りで波を表現。鳴子を交差させて魚の尻尾に見立て、魚が下からどんどん上がってくる様も表現する。

◆衣装は?
男性の衣装は足首まである長い濃紺の羽織に沸き立つような白い波があしらわれ、女性の衣装は青いはかまから花柄がちらりと見える。男性もこれなら着たいと思うようなかっこいいデザインにこだわった。宿毛市の「マシュール」に依頼。

◆地方車は?
協賛企業紹介をメインとしたデザイン。いちぜんが踊れるのは支えてくれる皆様のおかげ。

◆鳴子は?
こだわりの衣装の邪魔をしないようにずっと白木の鳴子。鳴子工房こだかさ製。

2022年撮影

2022年撮影

2022年撮影

2022年撮影

2022年撮影

2022年撮影


情報は随時更新します。今年はどんな踊り?お楽しみに!

【チーム関係者の方へ】→過去の本番や、練習中の写真を掲載しませんか?LINE窓口へどうぞ!

特集 よさこい祭り

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月