2024年 06月24日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法
県体写真

2023.03.05 08:25

新聞で子供と社会つなぐ 高知市で県内8校が取り組み報告

SHARE

新聞を活用した多彩な授業例が紹介された県NIE実践報告会(高知新聞社)

新聞を活用した多彩な授業例が紹介された県NIE実践報告会(高知新聞社)

 2022年度の県NIE実践報告会が4日、高知新聞社で開かれた。実践指定校の県内小中高8校の教員が、新聞を通して子供と社会をつなぐ取り組みを発表した。

 県NIE推進協議会(会長=藤田詠司・高知大学教育学部教授)の主催で、県内の教育、報道関係者ら約40人が参加。佐喜浜小、奈半利小、大津小、佐喜浜中、吾北中、日高中、嶺北高、高知商業高の8校がこの1年間に行ったNIE活動を報告した。

 児童が記事を選び、要約や感想文を書いた奈半利小の教員は「書く力が培われ、社会の出来事を自分のこととして考えることができた」と事例を紹介。学校行事を振り返った作文を新聞に投稿した吾北中の教員は「相手に伝わる文章の書き方が学べた。掲載されると地域からも反応があり、生徒の意欲が高まった」と効果を述べた。

 また高知商業高では、生徒が興味を持った記事が教科書の単元のどれに対応するかを調べる授業を展開。教室の学びと社会のつながりを知ることで、学習への動機付けにつながったと振り返った。(青木一英)

高知のニュース 高知新聞NIE 教育

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月