2024年 02月27日(火)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知龍馬マラソン2024写真販売
高知新聞PLUSの活用法

2022.09.22 16:12

高知大丸に食事スポット復活! 東館5階にフードホール「OMACHI360」 9月23日開店

SHARE

明るくておしゃれな雰囲気のフードホール

明るくておしゃれな雰囲気のフードホール


 高知大丸(高知市帯屋町1丁目)の東館5階に23日、フードホール「OMACHI360(オマチサンロクゼロ)」がオープンします。高知県産の魚介類や野菜を使用する飲食5店と、グローサリーショップ(食料雑貨店)1店が入っています。詳しくご紹介します。 

■飲食スペースは約100席

座席は約100席あります

座席は約100席あります

 フロアは大きな窓から光が差し込み、明るい雰囲気。内装には土佐和紙や県産木材が使われています。和食、イタリアン、ハンバーガー、ウナギ料理、中華の各店と、グローサリーショップが並んでいます。

 飲食スペースは約100席。子ども用の椅子が用意されている上、1人席の数も多め。ファミリーからビジネスマンまで、誰でも居心地よく食事ができそうです。
 
 セルフサービス方式ですが、メニューは県内唯一の百貨店らしく、特別感のある一皿がそろっています。

■東京・広尾のイタリアンが高知初出店!

 洋食系の料理を提供する店が2カ所あります。(以下、記事中の価格は全て税込みです)

 まずは、東京都渋谷区の広尾からやってきたイタリア料理店「Pico ROTONDO」(ピコ ロトンド)

東京・広尾のイタリアン「Pico ROTONDO」のパスタ

東京・広尾のイタリアン「Pico ROTONDO」のパスタ

 高知へは初出店です。イタリアで修業したシェフや職人が、高知のトマトやショウガ、バジルを使って本格イタリアンを提供します。

・ピッツァ「土佐ジローと茸のビスマルク風」1800円
・パスタ「高知生姜風味のマイアーレ ラグー ビアンコボロネーゼ自家製麺のリガトーニと共に」1200円
・各種ワイン グラス600円~ など

 手軽に済ませたい時は、ハンバーガー店「SORA BURGER」(ソラバーガー)へ。

オリーブチキンバーガー(ドリンクなどとセットで1540円)

オリーブチキンバーガー(ドリンクなどとセットで1540円)

 高知市追手筋1丁目にあった店が移転オープンしました。四万十鶏や土佐あかうしなど県産ブランド肉を使用し、ファストフードながら食べ応え満点です。韓流ドラマに登場して人気が高まった「オリーブチキン」も食べられます。

・オリーブチキンバーガー(四万十鶏使用) 990円
・照り焼きバーガー(土佐あかうし使用) 1045円 など

■旬の魚、ウナギ、台湾ラーメンも


 ウナギ料理店「おまちの鰻処 まん」もあります。

うな重 (3800円)

うな重 (3800円)

 奈半利川水系から湧き出る地下水で育ったウナギを、安芸郡田野町の養鰻場から仕入れています。さわやかな香りの仁淀川山椒や、大野見米もポイント。「ひろめの鰻処 まん」(高知市帯屋町2丁目)と、「鰻料理 むなぎん」(南国市大そね乙)がタッグを組んで出店しました。

・鰻重 2500~5800円
・白焼き/蒲焼き 1200~5300円
・肝タレ焼き 600円

 旬の魚が食べたい時は「くろしお屋」へ。

中トロ大トロ丼(3800円)

中トロ大トロ丼(3800円)

 幡多郡大月町産の養殖マグロを豪快に盛った「中トロ大トロ丼」や、カツオのたたき、海鮮丼が楽しめます。高知市帯屋町2丁目の「土佐の地魚 魚翔」の系列店です。

・中トロ大トロ丼 3800円
・カツオのたたき 1200円
・海鮮丼 1650円

  高知市十津で愛される中華料理店「香香」(シャンシャン)も出店しています。

セットメニューも充実しています

セットメニューも充実しています

 ひき肉やニラのピリ辛炒めを盛り付けた「台湾ラーメン」は、体がぽかぽか温まりそう。四川風よだれ鶏、ユーリンチーなどが単品で注文できるほか、お得なセットメニューも充実しています。フロア内の他店と比べると、比較的リーズナブルに満腹になれるところも魅力です。

・台湾ラーメン、塩ラーメン、しょうゆラーメン 890円
・ユーリンチー 890円
・生ビール 580円

■グローサリーショップにはこだわりの加工食品

こだわりの加工品が並ぶグローサリーショップ「Loka」

こだわりの加工品が並ぶグローサリーショップ「Loka」

 その場で食べるだけでなく、食品を購入することもできます。グローサリーショップ「Loka」には、県産素材を使ったシロップやジャム、乾燥ハーブ、コーヒー豆、お酒などがずらり。土付きの朝取れ野菜も並ぶ予定です。人気シェフとのコラボや、作家を招いたワークショップなども開くそうで、期待が高まります。

■レストラン街が消えて10年。東館5階に食事スポットが戻って来ました

 「OMACHI365」がオープンした東館5階は、2011年ごろまでレストラン街だった場所です。

高知大丸にあったレストラン街(2011年撮影)

高知大丸にあったレストラン街(2011年撮影)

 
 大型書店や100円ショップを経て、10年ぶりに、東館5階で食事が取れるようになりました。

  高知大丸は2022年4月に創業75周年を迎え、3世代ファミリーが日々の生活で使いやすい百貨店に生まれ変わるために、売り場のリニューアルを進めてきました。

 小島尚社長(59)は「かつて、百貨店といえば大食堂でした。OMACHI360は、その現代版。家族連れからお一人の方まで、いろんな人に集っていただければうれしいです」と話しています。

取材に応じる小島尚社長

取材に応じる小島尚社長


 ◆店舗情報◆
住所:高知県高知市帯屋町1丁目6番1号
食品物販の営業時間:午前10時~午後7時
フードホール:午前11時~午後9時 
公式ウェブサイトこちら

高知のニュース 高知市 WEB限定 新店オープン グルメ

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月