2024年 02月28日(水)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知龍馬マラソン2024写真販売
高知新聞PLUSの活用法

2022.05.30 08:31

過疎山村の再生議論〝孤独焼死〟受けシンポジウム 高知市

SHARE

シンポジウムで過疎地域の再生を訴える森井淳吉さん(高知市追手筋2丁目の県立高知城歴史博物館)

シンポジウムで過疎地域の再生を訴える森井淳吉さん(高知市追手筋2丁目の県立高知城歴史博物館)

 昨年2月に吾川郡仁淀川町で起きた独居高齢者が“孤独焼死”した火災を踏まえ、中山間地域が抱える課題と解決策を探るシンポジウムが28日、高知市の県立高知城歴史博物館で開かれ、約70人が山村の荒廃を食い止める手だてについて考えた。

 昨年2月9日夜から同10日未明ごろ、同町別枝で木造平屋の民家1棟が全焼。住人の80代男性が死亡したが、過疎高齢化で近隣に民家がなかったこともあり、10日朝まで誰も火災に気付かなかった。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知市 地域おこし 高齢者

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月