2024年 05月26日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2022.02.18 08:41

<中倉啓敦選手>お勧めはカステラと大福!?―青学大陸上部に聞いてみよう!(4)

SHARE

箱根駅伝10区で区間新をマークし優勝に貢献した中倉啓敦選手(森本敦士撮影)

箱根駅伝10区で区間新をマークし優勝に貢献した中倉啓敦選手(森本敦士撮影)

 今回は、今年の箱根駅伝10区で区間記録を更新した青山学院大学陸上部(長距離ブロック)の中倉啓敦(ひろのぶ)選手=3年=が答えてくれました。

  練習メニューはどう決めていますか。(高橋朋也さん、9歳、高知市)

  1000メートルを何本、とか決まったメニューはありますが、各選手が毎月の目標を設定して走る距離を考えます。強くなるためにどう距離を延ばし、強度を上げていくか自主性が求められる。ここで周りとの差が出ます。

  この冬から長い距離を走る練習をしています。タイムを伸ばすにはどうすればいいですか。(上村郁斗さん、7歳、安芸市)

  まずその日走る距離を決めて、同じペースで最後まで走り切れるようにしてください。力が付いてくればもっと速いペースでいけるかな、って考えられるようになります。その繰り返しでタイムを縮めていくことが大切です。

  試合前の補食は何を食べますか。(穂岐山芽衣さん、15歳、南国市)

  僕はコンビニで買ったカステラを2、3切れ食べます。カステラを食べる長距離選手は割と多いと思います。遅くてもスタート2時間前に食べ終えるので、レース中は胃も問題ないです。大福もお勧めです。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知のスポーツ 青学陸上部に聞いてみよう 青山学院大

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月