2024年 02月27日(火)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知龍馬マラソン2024写真販売
高知新聞PLUSの活用法

2022.02.05 08:47

牧野博士の生涯、鮮やかに描く 直木賞作家・朝井まかてさん「ボタニカ」刊行 高知取材経て文芸誌連載

SHARE

「ボタニカ」

「ボタニカ」

 高岡郡佐川町出身の植物学者、牧野富太郎博士(1862~1957年)の生涯を、直木賞作家の朝井まかてさんが描いた小説「ボタニカ」がこのほど刊行された。草花を友達のようにめで、植物学の発展に情熱を傾けた姿が鮮やかに浮かぶ。朝井さんは「富太郎の内側から発光するような魂の明るさは、土佐の陽射(ひざ)しそのもの」と印象を語る。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 佐川町 本紹介 牧野富太郎

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月