2022年 01月21日(金)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.12.03 08:37

まほろばの夜「竹灯り」照らす 12/4、5、南国市国分でイベント

SHARE

冬の夜を幻想的に彩った試験点灯(南国市国分)

冬の夜を幻想的に彩った試験点灯(南国市国分)

 南国市国分地区を手作りの竹細工などで彩る「国分竹灯(あか)り 憧憬(しょうけい)の路(みち)」が4、5日に開かれる。今年は、竹灯籠の優しい光に包まれた生け花のオブジェも見どころの一つで、まほろばの夜を幻想的に照らす。

 国分竹灯りの会の主催で8回目。地域に自生する孟宗竹(もうそうちく)を使った冬の風物詩になっている。今年は、四国霊場29番札所国分寺の北約400メートルの民家や空き地など9会場を、800本の竹灯籠や4千個のキャンドルなどで彩る。

 11月29日には試験点灯で出来栄えを確認。県産のユリやススキ、流木が飾られた生け花のオブジェや、鮮やかに輝く和傘、水の中に花を浮かべて照らす手水(ちょうず)鉢が並び、美しい光の世界を演出している。

 尾木信夫会長(73)は「住民一体で作り上げてきた。訪れた人に和やかな気持ちになってほしい」と話している。午後4時半~9時(最終日は同8時半まで)で、小雨決行。車は国分寺の駐車場へ。(小笠原舞香)

高知のニュース 南国市 催事・イベント

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月