2021年 12月09日(木)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.11.25 08:45

「夫はなぜ死んだの?」コロナワクチン接種直後...南国市の遺族が心境【夫はなぜ死んだ コロナワクチンを考える】

SHARE

新型コロナワクチン接種直後に死亡した男性の妻が、本紙「声ひろば」に送った原稿

新型コロナワクチン接種直後に死亡した男性の妻が、本紙「声ひろば」に送った原稿

 「持病がある主人は、迷いに迷ってやっと決心した。そしてあの日ワクチン接種会場へと出かけた」

 「2時間ぐらいしたら電話があり病院へと駆けつけた」

 「対面したその姿は確かに主人に間違いない。でも朝見送った時の姿ではなくなっていた」

 「血の気がひいて頭はまっ白で、ただただ涙が止まらなかった」

 「接種を迷っている時に『様子をみてゆっくり決めたら』と声をかけて止めていれば、あの日死ぬことはなかったのではないか」

 「悔やんでも悔やんでも悔やみきれない」

 「主人の分も元気で生きよう。今の私にはそれしかない」

 ◇ 

 高知新聞の投稿欄「声ひろば」にこのほど、手書きでしたためられた2枚の原稿用紙が届いた。

 投稿者は南国市の女性。夫の60代男性は7月4日、同市の市立スポーツセンターで米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの集団接種を受けた直後、会場で倒れ、そのまま息を引き取った。死亡診断書には「急性心筋梗塞疑い」を原因とする「心室細動」と書かれている。

 ◇ 

 これまでに米ファイザー製のワクチン接種を受け、副反応疑いで国に報告された死亡事例は1279件に上る。

 厚生労働省審議会の副反応検討部会の評価によると、接種と死亡の因果関係は「情報不足などで評価できない」が1272件と99・4%を占め、南国市の男性の事例もこの中に含まれるとみられる。その他は因果関係が「認められない」が7件、「否定できない」が0件。つまり、接種が原因で死亡したと確認された事例は1件もない。

 「医学的なことは分からないけど、『ワクチンのせいではない』と言い切れる根拠が、私には今も分からないんです」

 夫はなぜ死んだの?―。答えは今も霧に包まれたまま、手の届かないところにある。高知新聞の取材に応じた遺族が、疑念と後悔の感情が入り交じる心境を語ってくれた。その切実な言葉を基に、ワクチンの効果とリスクを考えたい。(海路佳孝)

高知のニュース 南国市 新型コロナウイルス 夫はなぜ死んだ コロナワクチンを考える

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月