2024年 02月27日(火)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知龍馬マラソン2024写真販売
高知新聞PLUSの活用法

2021.10.30 08:36

宿泊温泉施設「足摺テルメ」11/1再開、グランピング施設も 高知県土佐清水市

SHARE

ドーム型のグランピング施設(写真はいずれも土佐清水市足摺岬)

ドーム型のグランピング施設(写真はいずれも土佐清水市足摺岬)

 土佐清水市の宿泊温泉施設「足摺テルメ」(同市足摺岬)が11月1日、新たな指定管理者の下、営業を再開する。「空と海の時の移ろいをゆっくり感じられる施設」をテーマに内装を大幅リニューアル。海が見渡せる屋外のグランピングエリアにはドーム型宿泊施設を設け、新たな顧客の呼び込みも狙う。

 テルメは昨年6月末に前指定管理者が会社清算により撤退。今年6月から全国で宿泊施設の運営受託や開業支援を手掛ける「Dot Homes」(東京)が新たな管理者に。改修や修繕に市が約8千万円、同社が1億2千万円をかけ、準備を進めてきた。

室内からは太平洋が一望できる

室内からは太平洋が一望できる

 新たにオープンする施設名は「アシズリテルメ」。和洋計25室で、ジェットバスやサウナを備えた部屋も。屋外には、太平洋や星空が見渡せるドーム型のグランピング施設が4棟ある。各テーブルがレースカーテンで仕切られたレストランでは、県産食材にこだわった食事を用意している。

 価格はドーム施設が1棟2人2食付きで5万円前後から。ホテル本館は1室2人2食付きで4万~5万円前後。当面、レストランや温浴施設は宿泊者のみ利用できる。さらに改装を進め、客室数を増やす予定。

11月から営業するアシズリテルメ

11月から営業するアシズリテルメ

 オープンに先立ち29日には式典が行われ、県、市、観光商工関係者ら約20人が出席。よさこい鳴子踊りが披露され、テープカットや内覧が行われた。

 Dot社の留田紫雲(しゅん)社長(27)は取材に対し「素晴らしい建物の建築と自然、食材があって、コロナ収束後、確実に必要とされる自信があった」とし、「もともと来ている人にも新しくなったテルメを見てほしい」。泥谷光信市長は「グランピングを中心とした客層をターゲットにしてもらい、足摺の良さを発信してほしい」と話していた。(山崎彩加)

高知のニュース 土佐清水市 観光

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月