2022年 01月23日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.09.26 08:35

高知ファイティングドッグス終盤に反撃、粘りと意地見せる 来季こそ年間王者に

SHARE

【高知FD―香川OG】9回裏、FD最後の打者桑原=背番号(10)=が空振り三振に倒れ、ベンチに戻る姿をぼうぜんと見つめるナインら(高知球場=山下正晃撮影)

【高知FD―香川OG】9回裏、FD最後の打者桑原=背番号(10)=が空振り三振に倒れ、ベンチに戻る姿をぼうぜんと見つめるナインら(高知球場=山下正晃撮影)

<四国アイランドリーグplus 2021CS 第2戦>高知FD 4―8 香川OG

 高知ファイティングドッグスナインの視線の先で、香川の選手たちが歓喜の輪をつくる。地元高知のファンの前で胴上げされる悔しさ、惨めさがこみ上げる。FDは惜敗したCS第1戦から、一度も主導権を握れなかった。

 崖っぷちの戦い。「絶対先に点をやらない」とだけ考え、マウンドへ上がった先発山崎だったが、三回2死からストレートの四球。続く打者を2球で追い込みながら三塁打を打たれ、先制点を喫する。四回も1死後、簡単に追い込んだ打者に安打を許し、四球の後に3点本塁打。勝負の流れは一気に香川へ傾いた。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 野球 高知のスポーツ 高知ファイティングドッグス

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月