2021年 10月26日(火)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.09.17 08:38

土佐ジローの卵食べ比べて、高知県内6生産者コラボでセットに 高知市と安芸市で販売

SHARE

高知県内の土佐ジロー生産者の卵食べ比べセット(安芸市久世町の「畑山ジローの店」)

高知県内の土佐ジロー生産者の卵食べ比べセット(安芸市久世町の「畑山ジローの店」)

 ジローの卵、食べ比べて―。高知県内の土佐ジロー生産者6軒がコラボした卵のセット販売「Let’sおうちでTKG」が17日、高知市と安芸市の2店舗で始まる。はたやま夢楽(むら)(同市畑山)の小松圭子社長(38)は「生産者によって個性が違う味を楽しんで」と話している。26日まで。

 新型コロナウイルス下で飲食店用の販売が低迷する中、家庭でも「卵かけご飯(TKG)」などで気軽に味わってもらおうと企画した。1生産者2個ずつ、12個1セットで1296円(税込み)。

 他に参加した生産者は、おさき農場(高知市)、池上千佳(吾川郡いの町)、みながわ農場(幡多郡黒潮町)、いちえん農場(四万十市)、裏庭たまごとハーブ(宿毛市)。

 ジローの卵は暮らす場所の土質、飼料などによって個性豊かな味に仕上がるという。生食以外にゆで卵なども違いが楽しめるという。小松社長は「好みの卵を見つけてファンになってくれればうれしい」と話していた。

 高知市南御座の蔦屋書店内「JIRO AND COMPANY」では午前10時~午後8時。安芸市久世町の「Smile Aki(すまいるあき)」内「畑山ジローの店」では午前11時~午後2時半。(森部智成)

高知のニュース 高知市 安芸市 グルメ

注目の記事



いかがですか