2024年 04月21日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2023.05.11 19:00

暁―2023よさこい祭り全チーム紹介

SHARE

2023年撮影、チーム提供

2023年撮影、チーム提供


◆チーム名/出場回数/都道府県/踊り子数
暁、3回、愛媛県、25人

◆どんな人たちのチーム?
30、40代のお母さん中心のチーム。よさこい経験者で介護の仕事をする代表のもと、介護施設などを慰問し入所者らと踊っていたが、徐々に大きな祭に参加するように。広島のよさこいチーム「刻(とき)」から4人の踊り子も初参加する。

◆アピールポイントは?
テーマは「雨詩(あめうた)」。雨は嫌がられがちだが、生きていくために、なくてはならないものだし、後には虹もかかる。コロナ禍によって思うようにいかなかったことが皆あったと思うが、空が晴れ上がってくように世の中も明るい方向に向かっていってほしいという思いを込める。

◆音楽は?
よさこいの楽曲を手掛ける音屋本舗の梅田修平さんが作曲。中盤はラップで雨の暗い雰囲気を、ラストは明るい曲調で空が晴れ上がっていく様子を表現した。

◆踊りは?
ゆるやかで美しい動き。手をはじく動作で雨のしずくが落ちる様子を表現する。

◆衣装は?
ポンチョのようなブルーのトップスはしずくの形を表現している。白のフレアスカートはターンした際に傘が開いたように見える。 

◆地方車は?
「雨詩」というテーマで制作。

◆鳴子は?
初めてチームのオリジナル鳴子をやまもも工房に依頼。イメージカラーの赤と紫に「暁」の焼き印。

2023年撮影、チーム提供

2023年撮影、チーム提供

2019年撮影、チーム提供

2019年撮影、チーム提供

2019年撮影、チーム提供

2019年撮影、チーム提供

2019年撮影、チーム提供

2019年撮影、チーム提供

2018年撮影、チーム提供

2018年撮影、チーム提供

2018年撮影、チーム提供

2018年撮影、チーム提供


情報は随時更新します。今年はどんな踊り?お楽しみに!

【チーム関係者の方へ】→過去の本番や、練習中の写真を掲載しませんか?LINE窓口へどうぞ!

特集 よさこい祭り

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月