2024年 07月22日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2024.06.14 15:33

令和6年度企画展「龍馬と長州藩 ―龍馬の新国家構想を支えた下関―」展

SHARE

 県立坂本龍馬記念館などの主催。下関は萩藩の支藩である長府藩に位置し、情報や物資、交通の中継地点として重要な役割を果たしていました。龍馬も、下関の豪商・伊藤助太夫の支援をうけ、伊藤家を拠点に木戸孝允ら同志と連絡をとりあっていました。また、三吉慎蔵ら長府藩士とも交流を深め、薩長同盟への協力を仰ぐ一方、海軍を志す長府藩の若い藩士を海援隊で受け入れるなどの、深い繋がりがありました。長州藩が情報・物資・人流など様々な中継地として幕末に果たした役割を紹介するとともに、伊藤九三や三吉慎蔵らと龍馬との交流を紹介します。
開催日 令和6年7月5日~9月1日
場所 高知県立坂本龍馬記念館 新館2階 企画展示室
時間 9時~17時
入場料・参加料 一般700円(団体20名以上 560円)
高校生以下、各種手帳所持者は無料
公式HP https://ryoma-kinenkan.jp/exhibition/2024/04/post-22.html

特集 イベント_見に行く

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月