2024年 04月21日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2023.05.03 19:00

俵屋グループ―2023よさこい祭り全チーム紹介

SHARE

2019年撮影

2019年撮影


◆チーム名/出場回数/都道府県/踊り子数
俵屋グループ、28回、高知市、120人

◆どんな人たちのチーム?
10代~40代、踊り子は全員女性。よさこい常連参加者が多い。女性のチームのため、コロナ禍の間に結婚や出産などで生活が変わり、チームから抜ける踊り子も多かった。今年からウェブでの参加募集を始め、SNSでも広報した。新規の参加も多く、メンバーが大きく入れ替わった。

◆アピールポイントは?
テーマは「青嵐の神楽」。コロナ禍からの新しい時代に、「変化を恐れず前に進んでいこう」という思いを込めた。「嵐」とあるが、文字通りの意味ではなく「新しい風」の意味。踊り子は「待ち焦がれていた」「やっと踊れる」といった雰囲気で、例年以上に気合い十分。

◆音楽は?
例年と同じように和風の曲調。歌詞が忠実に踊りに反映されている。ゆっくり静かに始まり、 中盤あたりに見せ場がある。今年は演舞の構成に注目して見てほしい。

◆踊りは?
今年はフォーメーションが多めに入っている。4列で交差したりする部分も多い。女性だけのチームということもあって、動きが女性的。表情や視線など、手足の動きだけではなく、さまざまな要素で女性の魅力を感じさせる。

◆衣装は?
宿毛市のマシュールさんに依頼。着物で色はピンク、白の2種類。袖が長めに作られている。帯は着物の色によって柄が変わる。色はどちらも黒と金が混ざったようなシックな感じ。

◆地方車は?
デザインは和な感じ。衣装に合わせ、柔らかい暖色系の花柄のデザインの予定。

2019年撮影

2019年撮影

2018年撮影

2018年撮影

2017年撮影

2017年撮影


情報は随時更新します。今年はどんな踊り?お楽しみに!

【チーム関係者の方へ】→過去の本番や、練習中の写真を掲載しませんか?LINE窓口へどうぞ!

特集 よさこい祭り

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月