2024年 04月18日(木)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2023.05.03 19:00

魂響―2023よさこい祭り全チーム紹介

SHARE

2019年撮影

2019年撮影


◆チーム名/出場回数/都道府県/踊り子数
魂響(たまゆら)、7回、いの町、25人

◆どんな人たちのチーム?
県内在住者中心のチームで、高校生から60歳まで。初参加の踊り子が多く、チームが若返った。

◆アピールポイントは?
今年の演舞テーマは「Reboot」。 コロナ禍からの再出発という意味を込めた。 チームの特徴は、生バンド。ギター、ベース、サックスは地方車から降りて、踊り子を先導する形で演奏する。今年は演奏隊を希望して、連絡をくれた人もいた。

◆音楽は?
作詞、作曲、編曲の全てをチームで担当。曲調は和風ロックで、1度使用したものをアレンジした。生バンドの演奏は2日目のみ。

◆踊りは?
振り付けもチームで制作。正調を重視している。正調よさこいのフレーズを丸々取り入れているところも。隊列が交差するフォーメーションがある。

◆衣装は?
狐のお面を頭に付け、羽織にも背面などに狐のデザインが刺しゅうやプリントされている。

◆地方車は?
看板の印刷のみ業者さんに依頼し、その他の骨組みなどはメンバーが作り上げた。「末永く続くように」との意味を持つ市松模様のデザインを長年使用している。バンドもチームの特徴の一つなので、市松模様の中にアンプのデザインも紛れ込ませている。色は五行(木、火、土、金、水)を想起させる5色。

◆鳴子は?
やまもも工房さん製作。白木の片面バチ。チームロゴがバチがない方に入っている。

2019年撮影

2019年撮影


2018年撮影、チーム提供

2018年撮影、チーム提供


2019年撮影、チーム提供

2019年撮影、チーム提供



情報は随時更新します。今年はどんな踊り?お楽しみに!

【チーム関係者の方へ】→過去の本番や、練習中の写真を掲載しませんか?LINE窓口へどうぞ!

特集 よさこい祭り

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月