2024年 04月21日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2023.05.03 19:00

高松よさこい連―2023よさこい祭り全チーム紹介

SHARE

2019年撮影

2019年撮影


◆チーム名/出場回数/都道府県/踊り子数
高松よさこい連、20回、香川県、70人

◆どんな人たちのチーム?
香川県民が中心。年齢は7~63歳。

◆アピールポイントは?
3年前のよさこいの演目で、演舞テーマは「紡ぎ」。チーム結成20周年時に作られたこともあって、高松よさこい連の集大成となっている。コロナ禍で常連のメンバーが抜けたが、新しく30人が参加したため、チームの雰囲気も変わった。

◆音楽は?
クラシック音楽をベースとしている。激しい部分とバラードの部分でメリハリが付いている。演舞テーマ「紡ぎ」に合わせ、「これからも紡いで、一途に進んでいきましょう」という前向きな歌詞が付けられている。

◆踊りは?
振付師、田村千賀さんに初めて依頼した。よさこいらしい踊りを重視したジャズベースの和風の振り付け。男形、女形、ちょうちん隊の3つに分け、前半は 振り付けがそれぞれ異なる。後半は三隊が共通の振り付けを行うユニゾンの形式。

◆衣装は?
宿毛市のマシュールさんに依頼。デザインはスタッフが行い、それを元に製作してもらった。基本的に和風+袴姿。男形が紫、女形が赤ベース、ちょうちん隊は緑ベース。男は鉢巻き、女は髪飾りを頭に付けている。ちょうちんはオーソドックスな形で、白に「高松よさこい連」という和風の黒字が書かれている。

◆地方車は?
2013年に全国大会に出た際に新調したものを使い続けている。2013年には「轟賞」を受賞した。黒を貴重で黄金の竹の模様。丸窓、障子がデザインされている。シックな大人っぽいかっこいい地方車。

◆鳴子は?
高知市の品勘さんに依頼。鳴子は木目のオーソドックスなもの。取手にチームロゴあり。

2023年撮影、チーム提供

2023年撮影、チーム提供

2018年撮影、チーム提供

2018年撮影、チーム提供

2018年撮影、チーム提供

2018年撮影、チーム提供

2018年撮影、チーム提供

2018年撮影、チーム提供

2018年撮影、チーム提供

2018年撮影、チーム提供

2017年撮影

2017年撮影


情報は随時更新します。今年はどんな踊り?お楽しみに!

【チーム関係者の方へ】→過去の本番や、練習中の写真を掲載しませんか?LINE窓口へどうぞ!

特集 よさこい祭り

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月