2024年 04月21日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2023.05.03 19:00

そらいろ―2023よさこい祭り全チーム紹介

SHARE

2019年撮影

2019年撮影


◆チーム名/出場回数/都道府県/踊り子数
そらいろ、3回、東京都、宮城県、40人

◆どんな人たちのチーム?
東北にゆかりのあるメンバーが多く参加している。10歳~60歳代。東京、宮城の2拠点で活動中。

◆アピールポイントは?
演舞テーマは「響風(おとかぜ) 」。干ばつで苦しむ地方を舞台に、雨乞いの儀式から龍神が出てきて恵みの雨が降るまでを踊りで表現した。

◆音楽は?
チームで自作。打楽器で龍神の荒々しさを表現した。曲中には、宮城県の「さいたら節」や、青森ねぶた祭の特徴的な「ラッセラー」の掛け声、「東京音頭」のフレーズなど、よさこい節以外にもさまざまな地域の曲を取り入れた。曲調はフォークソング、ニューミュージック調。

◆踊りは?
チームで制作。鳴子を鳴らす手の動きが多い。隊列は衣装の色で赤、青で分かれていて、合流したときに赤青交互になる。合流時の隊列の動きで龍神の動きを表現している。

◆衣装は?
前は青、赤の2種類。背面は金色で統一。帽子には龍の背びれ、尻尾をイメージした模様が付いている。袖は大きく開いていて、ふわっとしたズボン。デザインは自作。

◆鳴子は?
やまもも工房さんが製作。チーム名から、本体は水色、鳴る部分は紅白でめでたい感じ。チームロゴ入り。鳴子を鳴らすことにこだわりを持っているため、音が良く鳴るものを注文した。

2019年撮影

2019年撮影


2019年撮影

2019年撮影


2019年撮影、チーム提供

2019年撮影、チーム提供


2019年撮影、チーム提供

2019年撮影、チーム提供


2023年撮影、チーム提供

2023年撮影、チーム提供


情報は随時更新します。今年はどんな踊り?お楽しみに!

【チーム関係者の方へ】→過去の本番や、練習中の写真を掲載しませんか?LINE窓口へどうぞ!

特集 よさこい祭り

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月