高知市など7市町も休校 小中高140校 県判断に沿う 4/13~24|高知新聞

高知市

▼高知のニュース

主要

高知市など7市町も休校 小中高140校 県判断に沿う 4/13~24

(2020.04.08 08:42)


 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、高知市など7市町の教育委員会は7日午後、公立小中高校など合わせて140校を13日から24日までの2週間、臨時休校とすることを決めた。感染判明が続くエリアの県立学校を同期間、休校するとした高知県教育委員会の判断に沿った。学校再開は土日を挟んだ27日の予定。

 高知県は7日午前、高知市保健所と、幡多福祉保健所、中央東福祉保健所管内の休校方針を決定。8~10日を休校に向けた準備期間とし、児童生徒が休んでも欠席扱いはしないことも決めた。

 県の通知を受け、香美市、香南市、南国市、高知市、幡多郡黒潮町、四万十市、土佐清水市の各教育委員会が7日午後、それぞれ休校を決めた。幡多郡三原村は休校の方向で検討中。宿毛市と幡多郡大月町は既に休校を決めており、大月町は期間を延ばした。残る24市町村は、13日以降も通常通り授業を続ける=表参照。

▶随時更新しています 【4/8更新】高知県内の休校情報

 60校、約2万人の児童生徒を抱える高知市は、7日夕に休校を決定。高知県教育委員会方針や、政府による緊急事態宣言が判断の根拠となったという。高知市教委の山本正篤教育長は「県内で一番(感染者が)発生している高知市が休校しない訳を保護者らから聞かれれば、説明は難しい」と述べた。

 高知市は休校中も、希望者に給食を提供する方針。給食のみ食べに登校するケースも想定している。これまで同様、共働き世帯に配慮して低学年児童の預かりも続ける。

 また、休校中を家庭学習の期間とした上で、毎日、小2~中3のいずれかの学年が登校して復習や家庭学習の確認を行う登校日を設定。感染リスクを考え、出席判断は各家庭に任せる。

 このほか、南国市も給食の継続を検討するなど、各市町教育委員会で休校中の対応の協議を進めている。

 高知県教育委員会の伊藤博明教育長は7日午後に記者会見を開き、休校判断に至った経緯を「(5日に)県内感染者が7人出たことを重く受け止めた」「状況を踏まえ(前々から)検討してきた」と繰り返し説明。これまで明確にしていなかった休校方針を新学期初日に発表したことは「唐突感もあるだろうが、なるだけそうならないようタイミングを見計らって発表したと思っている」と釈明した。

私立も多く休校へ
 高知県教育委員会が13日から県立37校を臨時休校にすると発表した7日、県内の各私立校も急きょ対応を協議した。高知新聞の取材に対し、高知小学校(10~24日)と清和女子中高校(13~24日)、太平洋学園(10~25日)が休校を決めたと回答した。

 土佐中高校と土佐女子中高校は「県に準じる方向で休校を検討中」とし、ほかの多くの私立校も検討を進めていると説明した。明徳義塾中高校は「13日から予定通り授業を行う」とした。

 各校とも、8日以降に予定している入学式や始業式は規模を縮小するなどして予定通り行うと回答した。

 高知大付属小中学校と高知大付属特別支援学校は「対応は8日に決める」としている。 (高知新聞取材班)

▼アクセスランキング

01.

高知県内また1人コロナ確認、82人目 感染男性の妻

02.

須崎港に新生児遺体 へその緒付いた男児 須崎署捜査

03.

新型コロナ1人感染 高知市60代男性軽症 県内81人目

04.

【高校野球県夏季特別大会】最終日 高知が明徳下し優勝

05.

「世界初」地下海水で天日塩 塩二郎の弟子 小松・福田さん