津軽のカマリ|高知新聞

高知市

▼特集・連載

文化 シネスポット

津軽のカマリ

(2020.01.17 14:30)

演奏で各地を回りながらも、生涯津軽に身を置いた初代・高橋竹山
高橋竹山の音色とは
 カマリとは、津軽弁で匂いなどを表す言葉。盲目だった津軽三味線の巨匠、初代・高橋竹山(ちくざん)(1910~98年)は生前「津軽のカマリがわき出るような音を出したいものだ」と語っていたという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

▼特集

▼アクセスランキング

01.

クルーズ船の下船客 高知県内に1人、症状なし 県が健康観察

02.

「土佐のおきゃく」中止、コロナ拡大受け 開催検討行事も 

03.

アンジャッシュ渡部さん食べ歩き動画 高知家サイトで公開

04.

ネット中傷で人権救済の要請 下田川の小2男児水死巡り

05.

「南国土佐皿鉢祭」中止 高知市で開催中のラーメンまつりも

実績7000件超!見本掲載1400超!大手も利用。わかりやすい専門独自の体制 www.aaa-bbb.com