2/3、4高知市で外国人との共生考えるセミナー |高知新聞

高知市

▼高知のニュース

社会

2/3、4高知市で外国人との共生考えるセミナー 

(2020.01.17 08:32)

講師は文化庁アドバイザー
 外国人にも伝わりやすい「やさしい日本語」をキーワードに多文化共生を考える「地域で活躍する外国人との共生に向けてのセミナー」が2月3、4の両日、高知市内で開かれる。外国人従業員を受け入れる事業者や団体向けに高知県国際交流協会が初めて企画した。

 「やさしい日本語」は、阪神・淡路大震災をきっかけに外国人への情報手段として提唱された。自治体などが避難の指示や観光案内に活用しており、外国人労働者の受け入れ枠が拡大する中、政府もマニュアルづくりを進めている。

 講師は文化庁地域日本語教育アドバイザーの堀永乃(ひさの)さん=写真。静岡県の浜松国際交流協会で日本語教育に関わり、2011年にグローバル人財サポート浜松を立ち上げた。全国の市町村や企業で研修を行っている。著作に「やさしい日本語とイラストでわかる介護のしごと」がある。

 3日は午後2時半~4時半に高知市布師田の高知ぢばさんセンター1階多目的ホール。外国人従業員を受け入れている事業所や技能実習生管理団体などを対象に、「外国人従業員とのよりよいコミュニケーション」をテーマに講義する。

 4日は午後1~4時に同市本町4丁目の高知自治会館3階。自治体職員、福祉・医療・消防、町づくり関係者を対象に、講義「地域とつながるやさしい日本語という手段」と演習。

 いずれも無料で、定員は50人。申し込みは県国際交流協会(088・875・0022=土日曜、祝日休み)へ。(村瀬佐保)

▼特集

▼アクセスランキング

01.

クルーズ船の下船客 高知県内に1人、症状なし 県が健康観察

02.

「土佐のおきゃく」中止、コロナ拡大受け 開催検討行事も 

03.

アンジャッシュ渡部さん食べ歩き動画 高知家サイトで公開

04.

ネット中傷で人権救済の要請 下田川の小2男児水死巡り

05.

「南国土佐皿鉢祭」中止 高知市で開催中のラーメンまつりも

実績7000件超!見本掲載1400超!大手も利用。わかりやすい専門独自の体制 www.aaa-bbb.com