太平洋の渦効果で宿毛湾好漁 漁獲量予測に期待 海洋機構研究|高知新聞

高知市

▼高知のニュース

環境・科学

太平洋の渦効果で宿毛湾好漁 漁獲量予測に期待 海洋機構研究

(2020.01.09 08:32)

 高知県の宿毛湾に好漁をもたらすのは、はるか遠い東の太平洋で生まれた海流の渦(直径約100キロ)だと、海洋研究開発機構が研究で明らかにした。渦は約1年で宿毛湾沖へ移動。これにより黒潮が宿毛湾に近づき、豊かな海の恩恵が受けられるという。今後、漁獲量予測への展開が期待される。

 海洋研究開発機構アプリケーションラボ(横浜市)がすくも湾漁協などの協力で研究。アジやイワシ、キビナゴなどを取る中型巻き網船の2006~2018年の毎月の平均漁獲量と、宿毛湾から足摺岬沖で巻き網が届く水深150メートル付近の海水温の関係を調査してきた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

▼特集

▼アクセスランキング

01.

【動画】四国最大級!2/22~3/2「高知ラーメンまつり2020」中央公園で開催

02.

「土佐のおきゃく」中止、コロナ拡大受け 開催検討行事も 

03.

高知市の北環状線 夜間一部通行止め 2/24~4/11

04.

【動画】米軍輸送機2機、高知県本山町で超低空飛行 市街地、保育所の真上通過

05.

ガソリン価格が高知のみ横ばい 46都道府県は値下げ

実績7000件超!見本掲載1400超!大手も利用。わかりやすい専門独自の体制 www.aaa-bbb.com