高知の下水処理技術が全国に 高知大など産官学チームが受賞|高知新聞

高知市

▼高知のニュース

環境・科学

高知の下水処理技術が全国に 高知大など産官学チームが受賞

(2019.12.23 14:37)

高知のシステムを導入した新潟県・糸魚川市青梅浄化センター
SDGsアワードで賞
 高知大学や高知県香南市が開発した下水処理技術が各地に広がっているとして、国立研究開発法人「科学技術振興機構」が持続可能な技術をたたえる賞の優秀賞に選ばれた。2000年に研究が始まり2010年に香南市が導入。新潟県糸魚川市で稼働が始まっているほか、秋田県にも導入される見込みで、「地方都市での汚水処理の持続性を向上させた」ことが評価された。
 
 高知大と香南市、高知県、埼玉県の下水道機器メーカー、日本下水道事業団チームが開発した技術。汚水を循環させているタンク内に空気を入れることで微生物を活性化させ、水と汚泥に分解するオキシデーションディッチ(OD)法は従来からある。これを、空気量、水の流れをセンサーで自動制御するよう改良した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

▼特集

▼アクセスランキング

01.

【動画】四国最大級!2/22~3/2「高知ラーメンまつり2020」中央公園で開催

02.

「土佐のおきゃく」中止、コロナ拡大受け 開催検討行事も 

03.

高知市の北環状線 夜間一部通行止め 2/24~4/11

04.

【動画】米軍輸送機2機、高知県本山町で超低空飛行 市街地、保育所の真上通過

05.

ガソリン価格が高知のみ横ばい 46都道府県は値下げ

実績7000件超!見本掲載1400超!大手も利用。わかりやすい専門独自の体制 www.aaa-bbb.com