【地震新聞】高知市の堤防整備「宝永級」に対応 浦戸湾口狭め流入量抑制|高知新聞

高知市

▼高知のニュース

社会

【地震新聞】高知市の堤防整備「宝永級」に対応 浦戸湾口狭め流入量抑制

(2019.12.21 08:30)

 南海トラフ地震の津波に備え、高知県内の沿岸では堤防や防波堤の整備が進んでいる。補強やかさ上げによる減災効果が期待される一方、整備する堤防の高さなどで、行政と住民間で議論が続いている地域もある。国や県が進める堤防整備の考え方や対策の現状をまとめた。

防波堤の整備が予定されている高知市の浦戸湾口(2015年2月撮影)
高知市の三重防護
 県港湾・海岸課によると、高知県の海岸の総延長は713キロ。このうち堤防が整備されているのは、県と市町村の管理分を合わせ約220キロになる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

▼特集

▼アクセスランキング

01.

沖の島中学校の教員感染 高知県で新たに2人 計38人に

02.

高知県内1日最多7人感染 新型コロナ計33人、初のクラスターも

03.

高知県内で新型コロナ感染3人確認 いずれも軽症 計36人に

04.

高知市のコロナ感染、親族間で5人 勤務のコンビニは休業 

05.

高知市など7市町も休校 小中高140校 県判断に沿う 4/13~24

実績7000件超!見本掲載1400超!大手も利用。わかりやすい専門独自の体制 www.aaa-bbb.com