選挙サンデー 県知事選、高知市長選のダブルで白熱 「ねじれ」で相乗効果は?|高知新聞

高知市

▼高知のニュース

政治・経済

選挙サンデー 県知事選、高知市長選のダブルで白熱 「ねじれ」で相乗効果は?

(2019.11.18 08:39)

日曜市で支援を呼び掛ける候補者 (17日午前、高知市追手筋1丁目)
 与野党一騎打ちの構図となっている高知県知事選は17日、告示期間中最後の日曜日を迎え、政党幹部らの来援を得た2候補の訴えが熱を帯びた。この日は高知市長選も告示され、24日の同日投開票に向けてダブル選挙に突入。県都では選挙カーが行き交うにぎやかな光景が見られたが、知事選で対立する勢力が市長選で同じ候補を支援する“ねじれ”もあり、選挙ムードアップの相乗効果が出るかどうかは見通せていない。

 2度目の「選挙サンデー」を迎えた知事選。県政リーダーの座を懸けて戦う松本顕治さん(35)と浜田省司さん(56)は、それぞれ大票田の高知市を中心に奔走した。

 松本さんは午前中、高知市内のスーパーなどで街頭演説を重ねた。かすれてきた声を振り絞り、「国の政治に対し、『桜の花を見る前に地方の現状を見てくれ』と言える県政でないと、県民の暮らしを守れない」と懸命に呼び掛けた。

 午後は、応援に駆け付けた共産党の志位和夫委員長と合流。高知市と香美市で一緒にマイクを握った。香美市では演説後に「マツケン、マツケン」という声援と手拍子が起こる中、集まった200人を超える聴衆一人一人の手を握り、「頑張ります」などと声を掛けて回った。

 夜には土佐市に移動し、個人演説会を開催。8人の野党国会議員が集まり、「今の国政はおかしい。助け合い、支え合いの県政をつくろう」と訴えた。

 浜田さんは早朝から高知市の日曜市へ。尾﨑正直知事や自民党県連会長の中谷元・衆院議員らと小間を回り「よろしくお願いします」と売り込んだ。

 午後からは菅義偉官房長官を迎え街頭演説を2回実施。菅官房長官が「浜田さんはボトムアップ型の仕事師だ」とアピールすると拍手が巻き起こった。

 選挙事務所では、片山さつき前地方創生担当相らを招いた女性向けの演説会が開かれ、浜田さんの妻、薫さん(55)が「故郷・高知のために役に立ちたいというのが夫の思いです」と訴えた。

 陣営は、尾﨑知事が録音メッセージで「浜田さんこそ高知県をさらに発展させることができる候補だ」と呼び掛ける電話作戦を展開。浜田さんの知名度アップを図った。


 この日告示された高知市長選には5氏が立候補した。日曜市で知事選候補を案内したある県議は、約2時間後に市長選候補とともに再訪。出店者から「連れちゅう人が違うやいか」「あんたも忙しいね」と声が掛かった。鉢合わせした候補が握手を交わす場面も見られた。

 ダブル選挙でムードの盛り上がりが期待される一方、知事選で共闘する立憲民主党、国民民主党、社民党の各党と、共産党は、市長選では競合。共産の推薦候補は「野党共闘の知事選に配慮しないと」として、志位委員長らとの合流を控えた。

 一方、別の市長選候補の出陣式では、知事選で敵対する与野党の国会議員がともに応援弁士を務める“呉越同舟”も。市長選は保守分裂の複雑な状況もあり、陣営関係者からは「ダブル選の相乗効果? 期待薄やね」との声も漏れた。(報道部取材班)

▼特集

▼アクセスランキング

01.

四国初上陸 「ねこねこ食パン」イオンモール高知にオープン

02.

【動画】高知市で火災、2棟全焼

03.

高知市幸町のスーパー破産へ 増税対応も負担に 負債1.2億円

04.

高知南国道路の五台山トンネル貫通 来年度の開通へ一歩

05.

歌手からセクシー女優、そして… 異色キャリア歩む高知出身女性「逆境も力に」

実績7000件超!見本掲載1400超!大手も利用。わかりやすい専門独自の体制 www.aaa-bbb.com