動物の津波避難棚 設置へ寄付募る 高知市のわんぱーく|高知新聞

高知市

▼高知のニュース

社会

動物の津波避難棚 設置へ寄付募る 高知市のわんぱーく

(2019.10.18 08:45)


スマトラトラのおりに設置された高さ3メートルの避難棚=最上部の板(17日午前、高知市のわんぱーくこうちアニマルランド)
 求む、避難棚―。高知市桟橋通6丁目の市立動物園「わんぱーくこうちアニマルランド」の猛獣たちが、津波からの避難場所を求めている。園は本年度、ライオンなど3カ所の展示スペースに予想される津波より30センチほど高い避難棚を設置する計画で、設置費に充てるための寄付を17日から募っている。
 
 高知港に近い「わんぱーくこうちアニマルランド」は南海トラフ地震で最大約2・7メートルの津波や長期浸水が予想されている。展示中に地震が発生した場合、職員が猛獣類を展示スペースから寝室に収容するか、収容できなければ施錠を確認して避難する決まりだが、いずれにせよ猛獣はおぼれ死んでしまう可能性が高い。
 
 このため昨年度、スマトラトラのおりに約100万円で高さ3メートルの避難棚を設置。「上って涼むなど生活環境向上にもなっている」(吉沢未来園長)としてライオン、ジャガー、ツキノワグマのおりにも設置することを決めた。
 
 設置が完了すれば、地震時に猛獣を収容する職員の作業が省ける上、動物が生き延びる可能性も高くなる。
 
 設置費用約400万円のうち100万円を寄付で賄う。寄付者にはオリジナルポストカードを贈り、金額に応じて棚のお披露目会に招待する。寄付者は税控除も受けられる。
 
 吉沢園長は「最終目標は津波の来ない場所への園の移転だが、できることからやっていく。今は、ほとんどの動物を守る対策ができていないので、寄付を募ることで多くの人に現状を知ってもらいたい」と支援を呼び掛けている。
 
 寄付は12月16日までふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」のクラウドファンディングのコーナーで受け付ける。問い合わせは「わんぱーくこうちアニマルランド」(088・832・0189)へ。(八田大輔)

▼アクセスランキング

01.

高知県内また1人コロナ確認、82人目 感染男性の妻

02.

新型コロナ1人感染 高知市60代男性軽症 県内81人目

03.

【高校野球県夏季特別大会】最終日 高知が明徳下し優勝

04.

須崎港に新生児遺体 へその緒付いた男児 須崎署捜査

05.

高知県内の観光割引キャンペーン本格化 宿泊半額やクーポン