くっきり左は♂で右は♀!?雌雄嵌合クワガタ展示 四万十市トンボ公園|高知新聞

高知市

▼高知のニュース

主要

くっきり左は♂で右は♀!?雌雄嵌合クワガタ展示 四万十市トンボ公園

(2019.09.19 08:33)

左が雄、右が雌の体を持つ雌雄嵌合体のモセリオウゴンオニクワガタ (四万十市のトンボ自然公園)
 体の左半分は雄、右半分は雌という雌雄嵌合(かんごう)体のクワガタが、四万十市具同のトンボ自然公園で展示されている。体の真ん中ではっきりと雌雄が分かれた珍しい個体で、同公園の職員は「自然の神秘を感じてもらいたい」と観賞を呼び掛けている。29日まで。

 マレーシアやインドネシアなどに生息する「モセリオウゴンオニクワガタ」。通常、体は黄金色で、体長は雄が約45~80ミリ、雌が約30~60ミリに成長する。愛玩用に日本でも飼育されている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

▼特集

▼アクセスランキング

01.

世界3位級 全長1.9m、重さ65kgのカンパチ釣った! 高知市の小松さん 室戸沖

02.

奈半利町職員と親族5人を逮捕 ふるさと納税汚職 贈収賄容疑で高知県警

03.

須崎カンパチ20万匹窮地 通販で支援を 新型コロナで出荷減

04.

給付金10万円、地元で米・野菜買って高知大留学生に配布 高校教員「倍の価値産む」

05.

高知県内、マスクあるにはある… 値下がり中だが「まだ割高」