「注文をまちがえる」料理店再び 認知症の人が接客 高知市で9/21開催|高知新聞

高知市

▼高知のニュース

主要

「注文をまちがえる」料理店再び 認知症の人が接客 高知市で9/21開催

(2019.09.17 08:33)

開催に向けて話し合う運営メンバー(高知市大津乙の土佐リハビリテーションカレッジ)

 認知症の人が接客スタッフを務める料理店「注文をまちがえるリストランテ」が21日、高知市大津乙の土佐リハビリテーションカレッジで1日限定で開かれる。認知症の人でも意欲があれば働けることを発信する試みで、5月に続き2回目の開催。関係者は「認知症を理解するきっかけにしてほしい」と来場を呼び掛けている。
 
 土佐郡大川村出身の介護福祉士、和田行男さんらが中心となって2017年に東京で始まった取り組み。間違いを受け入れる寛容な社会を目指し、全国各地で開かれている。
 
 高知での開催は京都市内で「―リストランテ」を開いている平井孝司さん(57)=土佐市出身=が企画。初回は認知症の当事者9人が参加し、客との会話を楽しんだり料理を運んだりして生き生きと働いた。後日、当事者が利用している高齢者施設の職員からは「次の日も笑顔で、いつもと表情が全然違う」などの声が寄せられた。
 
 今回は「世界アルツハイマーデー」に合わせて開かれ、同校の学生約30人も運営をサポートする。平井さんは「認知症になってもできることはたくさんある。マイナスにとらえず、当事者と一緒に過ごして理解を深めてもらえれば」と話している。
 
 午前11時~午後3時。予約なしで来店できる。フェイスブックで専用ページ「注文をまちがえるリストランテ@こうち」を開設している。(山本仁)

▼特集

▼アクセスランキング

01.

世界3位級 全長1.9m、重さ65kgのカンパチ釣った! 高知市の小松さん 室戸沖

02.

奈半利町職員と親族5人を逮捕 ふるさと納税汚職 贈収賄容疑で高知県警

03.

須崎カンパチ20万匹窮地 通販で支援を 新型コロナで出荷減

04.

給付金10万円、地元で米・野菜買って高知大留学生に配布 高校教員「倍の価値産む」

05.

高知県内、マスクあるにはある… 値下がり中だが「まだ割高」