外来アレチウリが県内四万十川流域などで拡大 早めの駆除を|高知新聞

高知市

▼高知のニュース

主要

外来アレチウリが県内四万十川流域などで拡大 早めの駆除を

(2019.09.16 08:46)

竹やぶを覆い隠すアレチウリを駆除する四万十川上流淡水漁協組合員(四万十町上秋丸)
アレチウリの葉
 北米原産の外来植物、アレチウリが、四万十川流域など県内で見つかっている。四万十川上流淡水漁協(高岡郡四万十町)と県立牧野植物園によると、これまでに県内4カ所で確認。「繁殖力が非常に強い。早めの駆除を」と呼び掛けている。 

 アレチウリはウリ科の一年草で、環境省の特定外来生物(全148種、うち植物16種)と、日本生態学会の「侵略的外来種ワースト100」(植物27種)に指定されている。北米から、飼料用大豆に交じって日本に入ったと考えられている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

カテゴリ

主要 社会

▼特集

▼アクセスランキング

01.

世界3位級 全長1.9m、重さ65kgのカンパチ釣った! 高知市の小松さん 室戸沖

02.

奈半利町職員と親族5人を逮捕 ふるさと納税汚職 贈収賄容疑で高知県警

03.

須崎カンパチ20万匹窮地 通販で支援を 新型コロナで出荷減

04.

給付金10万円、地元で米・野菜買って高知大留学生に配布 高校教員「倍の価値産む」

05.

高知県内、マスクあるにはある… 値下がり中だが「まだ割高」