ミツバチをおとなしくする忌避スプレー 南国市「KINP」が開発|高知新聞

高知市

▼高知のニュース

主要

ミツバチをおとなしくする忌避スプレー 南国市「KINP」が開発

(2019.09.13 08:36)

ミツバチをおとなしくさせるスプレーを商品化した金哲史教授(南国市物部乙の高知大物部キャンパス)
スズメバチに続く第2弾
 ミツバチをおとなしくさせるスプレー「ビーサイレント」を、高知大学内のベンチャー企業「KINP(キンプ)」(南国市)が開発した。2018年商品化したスズメバチ向けに続く忌避剤の第2弾。養蜂家らに販売する。
 
 キンプ社長で高知大農林海洋科学部の金哲史(キムチョルサ)教授は2018年、杏仁豆腐に使う食品添加物の成分を使い、スズメバチの攻撃性を弱めるスプレーを商品化。今回、濃度や配合をミツバチ用にアレンジした。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

▼特集

▼アクセスランキング

01.

【動画】手作りスイーツ大集合!「おやつ神社」県内外から80店 高知市、きょう10/20まで

02.

「おやつ神社2019」10/19~20 開催!来場者1万人のスイーツイベント

03.

土佐れいほく博 秋は嶺北で肉、肉、肉!土佐あかうし、大川黒牛、はちきん地鶏… 

04.

宿毛フェリー休止1年 航路再開めど立たず 新規事業者探し続く

05.

【動画】四万十川ウルトラマラソン 2397人走り抜ける

実績7000件超!見本掲載1400超!大手も利用。わかりやすい専門独自の体制 www.aaa-bbb.com