ミニ新聞「はがき新聞」で防災教育 高知市で学校での活用策議論|高知新聞

高知市

▼高知のニュース

社会

ミニ新聞「はがき新聞」で防災教育 高知市で学校での活用策議論

(2019.09.08 08:33)


震度7の地震を想定した「防災はがき新聞」づくりに取り組む教員ら(高知市の「ちより街テラス」)

 はがきサイズのミニ新聞「はがき新聞」の防災教育への活用を考えるシンポジウムが7日、高知市知寄町2丁目の「ちより街テラス」で開かれた。県内の教員ら約30人が、災害への備えなどをつづる「防災はがき新聞」づくりを体験した。
 
 はがき新聞を全国に広めている公益財団法人、理想教育財団の主催。本年度提唱した「防災はがき新聞」の普及に向け、はがき新聞実践校の割合が全国一高く、南海トラフ地震対策が課題の本県でシンポを開いた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

▼アクセスランキング

01.

高知県内また1人コロナ確認、82人目 感染男性の妻

02.

新型コロナ1人感染 高知市60代男性軽症 県内81人目

03.

【高校野球県夏季特別大会】最終日 高知が明徳下し優勝

04.

【速報】須崎港で嬰児の遺体見つかる

05.

高知県内の観光割引キャンペーン本格化 宿泊半額やクーポン