ラオウがトキが...「北斗の拳」屏風“ご開帳”、限定の御朱印帳も 四万十町岩本寺|高知新聞

高知市

▼高知のニュース

主要

ラオウがトキが...「北斗の拳」屏風“ご開帳”、限定の御朱印帳も 四万十町岩本寺

(2019.04.23 08:36)


左からケンシロウ、トキ、ジャギ、ラオウが描かれた屏風と、窪博正副住職 (四万十町の岩本寺)

「フィギュア展」と連動 
 高岡郡四万十町茂串町の四国霊場37番札所・岩本寺が、漫画「北斗の拳」のキャラクターが印刷された屏風(びょうぶ)を展示、限定デザインの御朱印帳の販売も行っている。海洋堂ホビー館四万十(同町打井川)で開催中の特別展「北斗の拳フィギュア列伝」に合わせた町の企画の一環で、盛り上げに一役買っている。

 屏風は、寺の本坊で「奥之院矢負地蔵」を安置する部屋に展示。高さ約180センチで、海洋堂が制作したラオウ、ジャギ、トキ、ケンシロウのフィギュアの写真がプリントされている。御朱印帳は縦約20センチ、横約15センチ。ラオウとケンシロウがデザインされ、1冊2千円、100冊限定で販売している。

 岩本寺の窪博正副住職(42)は「小学生時代、かなり夢中になった」という北斗の拳ファン。「漫画にはチベット語やチベット密教の用語が登場する。仏教とも実はつながりが深いことに気付いた」という。

 屏風はホビー館特別展期間の6月3日まで公開される。(井上太郎)

カテゴリ

主要 高幡

▼アクセスランキング

01.

高知のコロナ感染「看護師自殺」はデマ 院長が否定、ネットで悪質投稿拡散「放置できない」

02.

万引男が金属棒で威嚇 警備員を脅し逃走 高知市のスーパー

03.

中村宿毛道路が全線開通へ 7/5に平田-和田 着手から44年

04.

ジャンボタニシで「稲ごっそり消えた」高知県内、暖冬で発生面積2倍 田んぼ全滅も

05.

JR四国 高知―京阪神に2階建てバス3台導入 7/22から