医師に二審も実刑判決、長野 患者にわいせつ行為|高知新聞

高知市

▼国内・国際

社会

医師に二審も実刑判決、長野 患者にわいせつ行為

(2018.07.11 16:29)

 長野市の病院で2015年、当時15歳だった女性患者の体を触ったとして、準強制わいせつ罪に問われた医師伊藤樹被告(49)の控訴審判決で、東京高裁は11日、懲役2年とした一審長野地裁判決を支持し、被告の控訴を棄却した。

 被告は「わいせつ行為はしていない」と無罪を主張。秋葉康弘裁判長は、被害直後に母親に打ち明けたり、ノートに記したりしていた内容と整合するとして、女性の証言は信用できると判断した。

 判決によると、15年12月21日未明、精神科医として勤務していた病院で、入院していた女性に「産婦人科の検査をしないと退院できない」などとうそを言い、体を触るなどした。

カテゴリ

社会

▼特集

▼アクセスランキング

01.

第100回全国高校野球高知大会 第2日

02.

高知道再開に歓迎と不安 対面、事故注意 西日本高速呼び掛け

03.

JR四国が予土線に代替バス 7月20日から運行予定

04.

2018年 夏休み高知県内の行楽ガイド イベントや花火大会

05.

高知の小学校 水泳授業にゴーグル当たり前、ラッシュガードも

実績7000件超!見本掲載1400超!大手も利用。わかりやすい専門独自の体制 www.aaa-bbb.com