高知名物を紙製土産に ペーパーメッセージ(高知市)が商品化|高知新聞

高知市

▼高知のニュース

社会

高知名物を紙製土産に ペーパーメッセージ(高知市)が商品化

(2018.06.03 08:40)


おいしそうなぼうしパンや、ぱっちり目の坂本龍馬など、かわいいデザインが目を引く「土佐みやげ」シリーズの商品。切り込みが入っているカードもあり、土佐闘犬の口にカツオをくわえさせたり、カワウソにアイスクリンを持たせたりと、楽しい組み合わせもできる


龍馬、土佐闘犬、カツオ… 企業向けにも好評

 厚切りのカツオのたたきをかたどったノートに、“ぶさかわいい(不細工だけどかわいい)”土佐闘犬のカード、ぼうしパンや坂本龍馬のメモパッド…。高知市と東京・吉祥寺に店を構える紙製品専門店「ペーパーメッセージ」が「土佐みやげ」と銘打って展開するペーパーアイテムが好評だ。こてこての高知名物を、都内在住の若手デザイナーたちがあか抜けた絵柄にデザイン。お土産に、宣伝用のノベルティーにと用途も広がっている。
 
レターセットやカード、マスキングテープ、包装紙などが所狭しと並ぶ店内の一角。「土佐みやげ」シリーズは、全商品の売り上げの3~4割を占める人気商品になっている(高知市帯屋町1丁目の「ペーパーメッセージ おびやまち店」)
 同店は、老舗印刷会社の本山印刷(同市大川筋2丁目)が、他社との差別化を図ろうと2009年に開業。オリジナルのレターセットや包装紙、結婚式の招待状などを手掛けている。
 
 「高知をPRできる商品を」と、10年に土佐みやげを開発。同市のイラストレーター、柴田ケイコさんがデザインした便箋や一筆箋など8種類から始まり、現在は同店が契約する東京在住のデザイナー5人が、毎月のミーティングで案を出し合って新商品を企画している。高知県吾川郡いの町出身の大久保淳子さん(33)以外は県外出身だが、研修で何度か高知を訪れて、食べ物や文化などを積極的に学んでいる。
 
 高知城、鳴子、リュウキュウなどいかにも高知らしいモチーフを、かわいさと遊び心を混ぜ合わせた独特のデザインに。それぞれの形にカットしたカードやシール、ノートのほか、メモパッド、マスキングテープなど商品を入れ替えながら充実させ、現在約60種類そろえる。同市帯屋町1丁目の「おびやまち店」と東京都武蔵野市の吉祥寺店、同銀座の県アンテナショップ「まるごと高知」でも取り扱っている。
 
 「贈り物にちょっと添えたいという方や、珍しい高知土産を探しに来る方も。皆さん、楽しそうに商品を選んで行かれます」。ペーパーメッセージ代表の本山珠里さん(41)はそう話す。
 
 客層は男女にかかわらず学生や会社員、観光客などさまざま。5月下旬、おびやまち店を訪れた女性(30)=熊本市=は、「ここの商品が好きで、東京のお店にも行ったことがあります。どれもかわいい」。迷った末に「さっき食べたばかり」と言うカツオのたたきのカードをかごに投入。ちなみにカツオのたたきは、シリーズの絵柄の中でも1番人気で、2位がぼうしパン、3位は龍馬、と続くそうだ。
 
 商品の価格帯は、70円(小シール)~400円(ノート)。企業からの受注にも力を入れ、これまでに県の移住促進事業や金融機関のノベルティーにも採用された。
 
 よさこい祭りの期間には、紙袋などの新商品も登場する予定。本山さんは「高知の紙物といえばペーパーメッセージ、と言われるぐらいに頑張りたい。お客さんのニーズを聞きながら、もっと商品数を増やしたい」と今後の展開に意欲を見せている。(松田さやか)

▼アクセスランキング

01.

高知のコロナ感染「看護師自殺」はデマ 院長が否定、ネットで悪質投稿拡散「放置できない」

02.

万引男が金属棒で威嚇 警備員を脅し逃走 高知市のスーパー

03.

中村宿毛道路が全線開通へ 7/5に平田-和田 着手から44年

04.

ジャンボタニシで「稲ごっそり消えた」高知県内、暖冬で発生面積2倍 田んぼ全滅も

05.

JR四国 高知―京阪神に2階建てバス3台導入 7/22から