高知県内で高齢者の免許取り消し倍増 自主返納も2割増|高知新聞

高知市

▼高知のニュース

社会

高知県内で高齢者の免許取り消し倍増 自主返納も2割増

(2018.03.09 08:35)

 75歳以上の認知機能検査を強化した昨年3月の改正道交法施行から今年2月末までの約1年間に、高知県内で「認知症の恐れがある」として運転免許の取り消し処分を受けた高齢ドライバーは20人となり、改正前の2016年(11人)からほぼ倍増したことが県警のまとめで分かった。免許の自主返納も2254人と16年比21%増で、制度改正によって車の運転から離れる高齢者が大幅に増えている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

カテゴリ

社会

▼特集

▼アクセスランキング

01.

帯屋町に12/8オープン!生タピオカが絶品「台湾甜商店」を紹介

02.

中国産ショウガ休日に詰め替え 高知県警が「西村青果」社長送検

03.

店舗ないのに… 東京の化粧品会社が広告出稿、撮影に高知を選ぶ理由

04.

ショウガ偽装で西村青果社長逮捕 中国産を「高知産」

05.

高知の「ひろめ市場」で招き猫お披露目 20周年記念で海洋堂制作

実績7000件超!見本掲載1400超!大手も利用。わかりやすい専門独自の体制 www.aaa-bbb.com