高知県内で高齢者の免許取り消し倍増 自主返納も2割増|高知新聞

高知市

▼高知のニュース

社会

高知県内で高齢者の免許取り消し倍増 自主返納も2割増

(2018.03.09 08:35)

 75歳以上の認知機能検査を強化した昨年3月の改正道交法施行から今年2月末までの約1年間に、高知県内で「認知症の恐れがある」として運転免許の取り消し処分を受けた高齢ドライバーは20人となり、改正前の2016年(11人)からほぼ倍増したことが県警のまとめで分かった。免許の自主返納も2254人と16年比21%増で、制度改正によって車の運転から離れる高齢者が大幅に増えている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

カテゴリ

社会

▼特集

▼アクセスランキング

01.

6/19高知城で露ワールドカップ日本初戦を観戦 PV約2500人

02.

遊水池の埋め立て「止めて」 高知市春野町の「小松の沼」

03.

高知県の「四万十の宿」不当解雇か 従業員6人が撤回求め提訴も

04.

雨の中「ニッポン!」 高知城でサッカーW杯観戦680人喜び爆発

05.

ヨシキリザメ泳ぐ高知・室戸市廃校水族館 国内例少なく話題

実績7000件超!見本掲載1400超!大手も利用。わかりやすい専門独自の体制 www.aaa-bbb.com