高知市

▼高知のニュース

社説

【米軍ヘリ不時着】沖縄軽視の振る舞い断て

(2018.01.10 08:00)

 重大事故が相次いでいる沖縄の米軍基地の所属機が、また立て続けに同県内で不時着トラブルを引き起こした。
 沖縄の空に安全域はないことを米軍が自ら示しているに等しい。「本当に言葉を失う」と憤りを表明した翁長知事のコメントが、沖縄県民の心境を代弁する。
 6日、うるま市の伊計島の砂浜にUH1ヘリコプターが不時着したのに続き、2日後の8日にも読谷村の廃棄物処分場にAH1攻撃ヘリが不時着した。
 2機とも宜野湾市の米軍普天間飛行場に所属する。米軍はいずれも回転翼の異常を示す警告が表示されたためとし、事故を回避する「予防着陸」だったと説明する。
 2016年12月に名護市沿岸に輸送機オスプレイが不時着、大破した事故などでも、米軍は予防的措置と繰り返してきた。あたかも、沖縄の安全を優先したかのような説明だが、沖縄が求める「安全」とは懸け離れている。
 沖縄県の調査だけでも、1972年の本土復帰以降、沖縄周辺での米軍機の墜落・不時着事故は500件を優に超える。事故のたびに原因究明と安全対策を訴えてきた沖縄に対し、米側は「人為ミス」などを理由に一方的な説明で押し切り、日本政府も容認し続けてきた。
 読谷村に不時着したAH1攻撃ヘリと同型機が昨年1月にも、うるま市の伊計島の農道に不時着するトラブルを起こしたばかりだ。同じ普天間飛行場所属機で、同様に警告灯が点灯したためとされた。米軍は何をもって安全としているのか。さっぱり分からない。
 昨年12月に普天間飛行場近くの小学校の運動場に米軍ヘリの窓が落下した事故では、米軍が日米で合意した飛行ルートから外れた訓練を常態化させていた実態が問い直された。米軍の訓練優先の姿勢は何も変わっていない。
 米軍ヘリのトラブルが増え始めた背景に、緊迫化する北朝鮮情勢に対応した訓練増加が指摘される。それを理由に沖縄県民の安全を後回しにしていいはずもない。
 日米同盟下で政府の米に対する弱腰対応も常態化している。
 今回の不時着で、機体点検の徹底を申し入れた政府に対し、マティス米国防長官が謝罪したと伝わる。一方で、米軍は読谷村に不時着したヘリを自力飛行で基地に戻した。
 言行不一致も甚だしい。安倍首相をはじめ政府が毎度繰り返す遺憾表明の言葉もむなしくさせる。
 ヘリの窓が落下した小学校などに「やらせじゃないか」といった中傷の電話などが寄せられたという。沖縄の歴史を周知できていない政府の責任はここでも重い。
 国民の命を守るという主権国家として譲れない一線がある。米の顔色をうかがうばかりの姿勢を断ち切らなければ、いつまでたっても米軍の沖縄軽視の振る舞いを正せない。果たせない約束は要らない。

カテゴリ

社説

▼特集

▼アクセスランキング

01.

高知龍馬マラソン 池本、城武軸に優勝争い 女子も混戦模様

02.

高知龍馬マラソン2018 それぞれのゴールへ

03.

高知龍馬マラソン2018 1万1194人が土佐路を疾走

04.

高知龍馬マラソン2018 個性派ランナー、元気な声援

05.

高知龍馬マラソン2018 87歳ランナー2人激走