Let’s go o-henroad! 「お遍路ードプロジェクト」について

71日目 「寄り道が過ぎたかも。今月中の伊予へんろ卒業に黄信号」(2015年6月24日)

歩数 29663歩
距離 20.7km
消費カロリー 1025kcal

 今朝ベッドから起き上がると、黒ちゃんのふくらはぎ君と太もも君がかなり激しい筋肉痛を訴えている。両君は初日の横峰寺参拝、2日目3日目の石鎚山の登りと下り、3日連続の「標高差700m責め」に必死に耐えて働いていたのだが、4日目になってとうとう「いい加減にせいよ!」とキレちゃったのである。
 「まあまあそう言わずに、今日からは楽な平地歩きなんだからさ」などとなだめすかして駅前のホテルを出発した。JR伊予西条駅8時01分発の松山行き普通電車に乗り、次の石鎚山駅下車。今日の歩きはここからスタートする。先月は60番札所・横峰寺だけを残して64番前神寺まで順番に打ち終わり、JR石鎚山駅でお遍路を終えていたからだ。

 次の目的地は四国中央市の65番札所・三角寺。約50kmの道のりである。三角寺へは石鎚山駅の南側を通る国道11号線に沿って東へ進むのが最短ルートなのだが、我々に大型トラックの排気ガスと騒音にまみれて歩く選択肢はない。カラダにも精神にもよくないし。
 遍路地図を頼りに国道11号と絡むようにして東へ伸びる旧街道を歩く。道幅が狭くクルマの往来も結構あるが、東予の人々の日々の暮らしの様子を見ながら歩くので退屈しない。歩き遍路だけに許される楽しみのひとつ、言ってみれば合法的な「のぞき」の楽しさである、なんちゃって。

 加茂川を渡って西条市中心部に入る。加茂川は石鎚山系の清冽な水を集めて瀬戸内海に注ぐ大河である。考えてみれば昨日の朝、石鎚山の頂上で聞いたかすかな沢音もこの川のものだ。
 石鎚山とその周辺の山から流れ込むきれいな大量の水に恵まれた西条の町の人々の暮らしの豊かさを肌で感じる。そういえば西条にはA社のビール工場もあったっけ。
 遍路道は国道よりも南の山裾を、加茂川に通じる用水路に沿って作られている。田植えの時期だからだろうか、用水路にはたっぶり水が引き込まれている。
 用水路沿いの歩きは涼しくて楽しい。ときおりツツーっと小魚が人影に驚いて走る。おおっ、この動きはタナゴか小ブナだ。エサのミミズさえあればなあ、すぐに魚種を確認できるんだけど。残念ながら、今回も釣竿は持ってきていないのだ。
 田植えが終わったばかりの稲はまだ小さくて、田んぼの水面がキラキラ光っている。隣のイチジク畑からは、まだ実が熟してないのにイチジクの甘い香りが流れてくる。

 西条市を抜けて新居浜市に入るころには、気温がぐんぐん上がってきた。涼しさを分けてくれていた加茂川の水もいつの間にかいなくなって、体温が上がり、足や背中から汗が噴き出してくる。ふくらはぎ君と太もも君のご機嫌も相変わらず悪い。とりあえずお遍路さんのオアシス「ジョイフル新居浜萩生店」でランチタイムの小休止をとり、カラダを冷やして様子を見ることにした。
 ここまで竹内記者の万歩計は15kmちょっとを示している。なんとかランチ後の歩きで20kmまで稼いでおきたいのだが、それでも三角寺までは30kmもある。残すところあと1日、「1日20kmまでルール」に縛られる尺取り虫へんろ隊の大ピンチである。石鎚山に寄り道した影響で、このままでは今月中の伊予へんろ卒業は絶望的な状況である。

 用水路沿いのステキな遍路道に感謝して一句
  〈石鎚の 水に癒され 次を打つ〉
黒笹慈幾


石鎚山系から流れ出す清流・加茂川の水が潤す西条市には、このような用水路があちこちにある。用水路を覗き込みながらのお遍路は楽しい。


用水路の手入れをしていたおじいちゃんと立ち話。「この用水路、昔はたくさんウナギがいたでしょう?」と黒ちゃんが聞けば、「ああ、そりゃあもう、捕っても捕っても次から次に湧いてきた」とおじいちゃん。


用水路の縁のコンクリートにペンキで描かれたお遍路の矢印。


西条市の南の山裾に作られた遍路道。ひなびた里山の風景を愛でながら歩く。


かわいい幼稚園児たちの集団とすれ違う。引率の女性の先生が「お遍路ご苦労さま」と我々に声をかけると、子供たちも「ごくろうさま」だって。


路傍の中古車店の前に並んでいた中古フォークリフト22万円。思わす衝動買いしそうになった、というのはウソです。(笑い)


歩き遍路の友でありオアシスでもあるファミレスの「ジョイフル新居浜萩生店」。24時間オープンなのも頼りになる。


讃岐街道と呼ばれる遍路道は、新居浜市喜光地町のアーケードの中を貫いていた。典型的なシャッター商店街の中で頑張っている魚屋のおばちゃんと立ち話。ショウケースの中には丸々と太った地物のアジやカマスが並んでいた。


本日の歩きはここまで。最後は暑さにめげそうになりながらの20km達成だった。伊予銀行船木支店の前でタクシーを待つ。


<<前の日へ      次の日へ>>