高知新聞社の企業情報です。企業概要、新入社員採用情報などを掲載しています。


【1dayインターンシップ生募集】 2020年1月17日(金)実施 要項はこちら(PDF)


採用情報

採用情報を掲載しています。こちらへどうぞ。


 企業情報

 高知県内唯一の地方新聞社として、長い歴史の中で、多くの県民に親しまれてきました。

 紙面をはじめ様々な事業を通して、県民に寄り添った確かな情報をお届けすることで、暮らしや心をより豊かにし、地域の活性化に貢献することが我々の使命です。

 今後も、県民にとって不可欠の生活必需品であり続けられるよう、既存のリソースを活用した、新しいビジネスモデルを開拓し、次代に繋がる総合メディア企業を目指します。


会社沿革

 板垣退助の創立した政治結社「立志社」の機関紙の流れをくみ、1904年(明治37年)9月1日に高知新聞を創刊。のち1941年「土陽新聞」を吸収合併して高知県における唯一の日刊紙となる。

 1953年に姉妹会社「ラジオ高知(現高知放送)」を設立したのに続き広告代理店「高知広告センター」、「高知新聞企業」などを設立、現在関連会社は10社を数える。2018年3月から電子版「高知新聞Plus」の配信をスタートさせた。2019年9月に、創刊115周年を迎える。

会社現況

    会 社 名
    株式会社 高知新聞社
    本  社
    高知市本町3丁目2番15号 (088)822-2111
    東京支社
    東京都千代田区内幸町2丁目2番1号 日本プレスセンタービル内 (03)3506-7281
    大阪支社
    大阪市北区堂島2丁目1番31号 京阪堂島ビル内 (06)6342-9511
    幡多支社
    四万十市不破上町1907-48 (0880)34-3151
    創 刊 日
    1904年(明治37年)9月1日
    代 表 者
    代表取締役社長 宮田 速雄
    資 本 金
    9,800万円
    業  績
    営業収入 99億円(2018年3月期)
    取引銀行
    四国銀行、高知銀行
    発行部数
    朝刊165,921部 夕刊104,223部(2018年12月)
    従業員数
    296人(2019年4月)


社是

 不偏、不党、厳正公平、世論の中枢機関、県民の公器たらんとす。

編集指針

1、自由民権の系譜を受け継ぎ、公正で民主的な社会の実現を目指す。
1、真実の報道に徹し、人権を守り、言論の自由と編集の独立を貫く。
1、分権と自治の下、地域の自立を進め、県民とともに未来を開く。
1、国際的な視野を広げ、相互理解に基づく平和と共存を追求する。
1、歴史と伝統の上に新しい文化を育て、豊かな環境を次代に引き継ぐ。

会社機構

 本社機構は社長直属の総合企画室、教育・地域事業室、論説委員室のほかに、編集、地域読者、営業、総務の4局から成り、東京、大阪、幡多に支社、香川と県内に11の総局・支局を配置している。

ページトップへ