高知新聞社の企業情報です。企業概要、新入社員採用情報などを掲載しています。

採用情報

採用情報を掲載しています。こちらへどうぞ。


 企業情報

会社沿革

 板垣退助の創立した政治結社「立志社」の機関紙の流れをくみ、1904年(明治37年)9月1日に高知新聞を創刊。のち1941年「土陽新聞」を吸収合併して高知県における唯一の日刊紙となる。

 1953年に姉妹会社「ラジオ高知(現高知放送)」を設立したのに続き広告代理店「高知広告センター」、「高知新聞企業」などを設立、現在関連会社は10社を数え、高知県内の情報媒体として圧倒的地位を占めている。 2014年9月には、創刊110周年を迎えた。

会社現況

    会 社 名
    株式会社 高知新聞社
    本  社
    高知市本町3丁目2番15号 (088)822-2111
    東京支社
    東京都千代田区内幸町2丁目2番1号 日本プレスセンタービル内 (03)3506-7281
    大阪支社
    大阪市北区堂島2丁目1番31号 京阪堂島ビル内 (06)6342-9511
    幡多支社
    四万十市不破上町1907-48 (0880)34-3151
    創 刊 日
    1904年(明治37年)9月1日
    代 表 者
    代表取締役社長 宮田 速雄
    資 本 金
    9,800万円
    業  績
    営業収入 99億円(2018年3月期)
    取引銀行
    四国銀行、高知銀行
    発行部数
    朝刊168,657部 夕刊106,246部(2018年8月)
    従業員数
    301人(2018年4月)


社是

 不偏、不党、厳正公平、世論の中枢機関、県民の公器たらんとす。

編集指針

1、自由民権の系譜を受け継ぎ、公正で民主的な社会の実現を目指す。
1、真実の報道に徹し、人権を守り、言論の自由と編集の独立を貫く。
1、分権と自治の下、地域の自立を進め、県民とともに未来を開く。
1、国際的な視野を広げ、相互理解に基づく平和と共存を追求する。
1、歴史と伝統の上に新しい文化を育て、豊かな環境を次代に引き継ぐ。

会社機構

 本社機構は社長直属の社長室、論説委員室のほかに、編集、地域読者、広告、総務、メディア技術の5局から成り、東京、大阪、高松、幡多に支社、県内に11の総局・支局を配置している。

事業内容

 販売 

 県内の市場占有率(シェア)は県民・読者の圧倒的な支持に支えられ、全国トップクラスの86%を誇る。県内134販売所と2,300人の配達網によって県土の隅々まで、紙面を届けている。また、新聞の良さを知っていただくための普及活動や、多くの県民とつながるためのさまざまな事業も展開している。

 広告 

 生活ニュースとしての新聞広告は、日常生活にとって欠かすことができない。全国トップクラスの占有率に裏打ちされ、県内最大のマスコミ媒体である本紙の広告の訴求効果は群を抜いている。広告主にとって最も影響力の強い不可欠の広告媒体である。

 編集 

 唯一の郷土紙として、世界のビッグニュースから地域の小さな話題まで、新鮮かつ有益な情報を発信し続けている。新企画もどしどし展開、業界内での評価は極めて高い。ニュース報道のスピードアップを図るため編集組版システムを導入し、新聞製作工程の近代化を推進。海外取材にも毎年数人派遣している。

 メディア・出版・事業 

 多メディア研究やニュース発信、記事のデータベース化や資料の読者サービスを行なっている。また各種の文化、スポーツイベントなどを主催している。2018年3月から電子版「高知新聞Plus」の配信をスタートさせた。

ページトップへ