社員紹介


“未体験の分野”が魅力

        営業局営業推進部  中西浩太


 高知市出身の私ですが、県外の大学に通うことになり、初めて高知県を離れた生活を経験しました。県外での生活はとても楽しく魅力的でしたが、愛着のある故郷の高知で仕事をしたいという気持ちは強かったです。就職活動の時期に入って、最初に入社試験を受けたのが高知新聞社。小さいころから高知新聞は家で取っていましたので、地元企業の中でも身近に感じる存在でした。


 2014年に入社してから、広告局営業推進部に所属しています。新聞広告やイベント事業などに携わる部署です。私は、朝刊の「お誕生おめでとう」、夕刊の「ユウモク」を中心に担当しています。“新聞広告”と一言で言っても、実は奥が深いんです。ここで全てを紹介することは出来ませんが、紙面広告には様々な形式・企画があります。でも、入社当初は広告に関してほとんど何も知りませんでした。自分の担当企画以外で、先輩方の持つ様々な企画に首を突っ込ませてもらうことで、徐々に知識やノウハウを身に着けていきました。イベント事業に関しても同じです。100人が参加するイベントの計画、予算管理、講演者や関係団体との連携、当日の司会進行などを一貫してやらせてもらっています。紙面広告とは全く違う分野なので、また別のスキルが要求されます。今までやったことがないこと、つまり“未体験の分野”で仕事をするときは、いつも不安がありますが、その分終わった後の達成感は大きくやりがいを感じます。
広告局営業推進部・中西浩太  とはいえ、まだまだ未熟者。全てが上手くいくわけではなく、失敗も多々あります。信頼できる上司と頼れる先輩から、指導やフォローをしていただけるからこそ、これらの業務が遂行できています。


 広告営業マンとしての魅力のひとつは「出会い」だと思っています。高知県内、東から西まであらゆる企業・団体の方と出会います。民間企業から行政まで、大企業から街の小さなお店まで、業界いうと医療・飲食・建設・自動車…などなど、これだけ幅広く人と関われる仕事はありません。当然、今は自分より社会経験の長い方ばかりにお会いするので、お話を聞くだけで勉強にもなります。


 自分はどんな仕事がしたいのか、イメージできない学生さんも少なくないと思います。そんな方は、ぜひ企業訪問に行ってください。私もそうだったので訪問に行きました。今ではとてもいい経験だったと感じています。企業で働く方にお会いし、職場の雰囲気や働く姿を見て、直接お話を聞くことは良いことだと思います。それが、社会で働くことについてもっと具体的に考えるきっかけになるはずです。繰り返しになりますが、未体験の分野へ踏み出してみる、その行動がきっと自分を成長させてくれます。