県民とつながる記事へ

なるほど!こうち取材班(なるこ) は、県民の皆さんから寄せられた情報に基づき、高知新聞の記者が取材を進め、記事にする取り組みです。
「なぜだろう」「おかしいな」。暮らしの中での疑問や困りごと、不正をただす情報をお寄せください。県民とつながる紙面作りを通じて、地域・社会の課題解決を目指します。

調査依頼はこちら

LINEから

友だち追加

調べてほしいことや困っていることがあれば、 LINEでつながる「なるこ通信員」にご登録ください。
友だち登録またはQRコードから友だちに なって依頼内容を書き込んでください。情報提供者の秘密は守ります。つながれば、あなたも「なるこ取材班」です。
※すべての依頼にお応えできるわけではありません。

QRコード

こちらの投稿フォームからもどうぞ


form
 

なるこの記事はこちら

●「首長カー」は環境・機能重視 黒塗りは「絶滅危惧種」?(2020.08.31)
●男性育休、高知県内で取得進まず 期間短く「名ばかり」か (2020.07.27)
●ペンギンのフン避難法は… 高知大助教が桂浜水族館と研究 イグ・ノーベル賞創始者注目 (2020.07.12)
●「新様式」おきゃく、まだ早い?お手本?高知県幹部・県議の100人宴会 (2020.07.06)
●音響式信号うるさい? 県内 住民苦情で停止も 視覚障害者ら「理解を」 (2020.06.28)
●皿鉢料理ピンチ! コロナ下の提供方法は… (2020.06.27)

なるこの取材パートナー社

双方向型の報道を目指す高知新聞の「なるほど!こうち取材班(なるこ)」では、全国のパートナー社と連携協定を結んでいます。
お互いの記事を紙面やウェブサイトに掲載したり、取材・調査テーマを共有したりします。
情報の取り扱いには十分注意し、取材源の秘匿は厳守いたします。地域に根差したローカルメディア同士がつながり、より深く真相に迫っていきます。