2024年 07月22日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2024.07.09 08:40

最古の歴史、全国最長…路面電車の将来像考える 高知県がとさでん交通、自治体と協議

SHARE

 高知県は8日、とさでん交通の路面電車の将来像を考えるワーキンググループ(WG)を立ち上げた。沿線の高知市、南国市、いの町や土佐市、とさでんとともに軌道距離や費用負担の在り方を協議していく。

 同社の路面電車は1904年に営業スタート。現在運行する路線としては国内で最古の歴史がある。軌道距離25・3キロは全国最長。ただ設備投資は必要最低限に抑えており、維持管理分野での人手不足も課題となっている。

 路面電車を巡っては昨夏、…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 道路・交通 行政 とさでん交通

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月