2024年 07月12日(金)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2024.06.09 08:44

「キンメダイでは食えない」漁師は船を出せば赤字 室戸キンメ丼も存続ピンチ

SHARE

35キロのキンメダイを釣り上げたが「これでも5年前の10分の1」と語る佐藤勇さん(室戸沖)

35キロのキンメダイを釣り上げたが「これでも5年前の10分の1」と語る佐藤勇さん(室戸沖)

 不漁が続く室戸市のキンメダイ。取れなくなる前には約50隻が操業していたが、現在は5隻ほどに激減。地元漁師は「キンメを狙って船を出しても赤字になる」と苦悩している。

貸し切り
 まちが寝静まっている6月1日の深夜1時前。キンメダイ漁師、佐藤勇さん(57)=吉良川町甲=の漁船が室戸市の室津港を出発し、約30キロ沖の漁場に向かった。

 「昔は場所取りを競い合っていた漁場も今はほぼ貸し切り。喜んでいいのか、複雑です」

 佐藤さんによると、キンメダイ漁は、エサや燃料などで1回当たり約5万円の費用がかかる。現在のキンメダイの相場が1キロ当たり2500円前後で、利益を上げるには20キロ以上の水揚げが必要になる計算だ。

 だが、現在では10キロ前後やゼロの日も少なくない。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 室戸市 水産・漁業 経済・産業

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月