2024年 07月13日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2024.06.04 08:31

「ベスト」はもうない―明日の足 高知の公共交通を考える 【第6便=終】県都の網目(10)

SHARE

夕刻の電車通り。バスと路面電車が共に、交差点に差しかかった(高知市本町4丁目)

夕刻の電車通り。バスと路面電車が共に、交差点に差しかかった(高知市本町4丁目)

 「県は積極的に議論をリードしてもらいたい」

 5月21日、高知市役所での地域公共交通会議。会長の熊谷靖彦・高知工科大名誉教授(79)が、委員の県職員に投げ掛けた。

 念頭にあったのは、バスとの並走解消論や適正な軌道距離が問われだした路面電車だ。軌道は南国市、いの町にも延びる。広域行政には県の積極関与が欠かせないという指摘だった。

 県の担当者は「沿線自治体、とさでん交通と、…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 道路・交通 とさでん交通 明日の足

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月