2024年 07月21日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2024.03.30 08:31

「私も娘も人生狂わされた」 旧統一教会被害を訴え 高知県内の80代女性 浜田知事と面談

SHARE

「40年以上苦しみ続けている」と浜田知事に訴える県内の80代女性(県庁)

「40年以上苦しみ続けている」と浜田知事に訴える県内の80代女性(県庁)

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に長女が40年以上入信し、家庭が崩壊したと訴える県内の80代女性が29日、県庁で浜田省司知事と面談。「県内にも多くの被害者がいることを知ってほしい」と訴えた。

 女性によると、長女は現在60代。高校を卒業して高知市で一人暮らしをしていたが、23歳のころに勤務先を辞めてどこにいるのか分からなくなった。20代後半になったころ、「韓国での合同結婚式に参加する。旅費やドレス代を出してほしい」と女性に連絡が来た。

 長女は静岡出身の男性と合同結婚式を挙げた後、住所を転々とし、南米チリへ行ったこともある。生活は苦しいらしく、長女からは「お金がない」「お金を用立てて。必ず返す」という連絡だけあるという。

 女性は「私も娘も人生を狂わされた」と涙ながらに話し、「教団に一度入ってしまうと二度と抜け出せない。教団を撲滅させてほしい」と強調。知事は「引き続き相談を受け付ける態勢をしっかりとる。被害者の方々が少しでも気持ちが安らぐような形で協力できれば」と応じた。

 この日は…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知と旧統一教会

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月