2024年 02月27日(火)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知龍馬マラソン2024写真販売
高知新聞PLUSの活用法

2023.12.01 08:37

中州を覆う菜花の風景復活を! 栽培農家が激減、四万十川の三島 協力隊員らが苗植える 高知県四万十町

SHARE

中州の農地に菜花の苗を植え付ける親子連れら(四万十町昭和)

中州の農地に菜花の苗を植え付ける親子連れら(四万十町昭和)

 四万十町昭和にある四万十川の中州、三島にこのほど、町地域おこし協力隊員と住民らが菜花の苗を植え付けた。中州を覆う菜花は春を告げる風物詩だが、近年は栽培農家が激減しており、かつての風景の復活にメンバーは期待を寄せている。

2017年春、多くの菜花に彩られていた中州(四万十町提供)

2017年春、多くの菜花に彩られていた中州(四万十町提供)

 三島では長年、水稲の裏作として冬季に食用菜花が栽培されてきた。8年ほど前は10軒余りの農家が育てていたが、高齢化などで今は3軒にまで減っている。

 復活を模索していた協力隊員らが地元に支援を申し出。10月末、住民と一緒に以前栽培されていた約50アールに種をまいていた。

 11月23日は約30アールに苗を植え付け。親子連れら21人が参加し、ふかふかの土を掘っては、丁寧に苗を挿していった。

 参加した土居重満さん(70)は数少なくなった栽培農家の1人。「国道から花を見た観光客らが、わざわざ中州まで降りてきて『鮮やかな色彩に癒やされた』と喜んでくれる。協力隊などの提案はとてもうれしい」と喜ぶ。

 協力隊員の渋谷佳代子さん(35)は「来春には三島キャンプ場の施設がリニューアルする。満開の菜の花でお客さんを迎えたい」と話していた。

 三島は2本の沈下橋やJR予土線の鉄橋が架かり、キャンプやラフティング、アユ釣りを楽しむ人々に根強い人気がある。(福田仁)

高知のニュース 四万十町 自然・植物 環境・エコ

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月