2024年 07月16日(火)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2023.05.06 08:06

早川逸馬のモデルは植木枝盛? 高知市の自由民権記念館長「演説上手、雰囲気もっている」 「らんまん」で宮野真守さん熱演

SHARE

植木枝盛(高知市立自由民権記念館提供)

植木枝盛(高知市立自由民権記念館提供)

 牧野富太郎博士をモデルとする朝ドラ「らんまん」で、高知県で繰り広げられた自由民権運動の熱い場面が続いています。中でも話題となっているのが声優、宮野真守さん演じる「早川逸馬」の力強い演説シーンです。

「らんまん」をもっと深く、もっと楽しく! 牧野富太郎博士の特設サイトはこちら!

 「空は晴れ、日は輝いちゅう。けんど、わしの心は暗い。なんでか? 今日も自由が殺されちゅうきじゃ!」

 神社で開かれている演説会。多くの聴衆を前に壇上に上がって、人々を鼓舞する姿はまるでロックスターのようです。この「早川逸馬」にモデルはいるのでしょうか? 高知市立自由民権記念館の筒井秀一館長に聞いてみました。

 「自由民権運動の弁士でもあった植木枝盛の雰囲気を参考にしているように思いますね。枝盛も演説が上手でした。ただ、拳を振り上げるなど、あれほど激烈だったかはどうか(笑)。枝盛は知的な研究者でもあったから、もっと理路整然とやっていたのではないでしょうか」

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース WEB限定 牧野富太郎

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月