2024年 07月21日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2022.11.23 08:36

四万十市が看護大誘致断念 市長は負担増懸念、施設活用「道筋つける」

SHARE

 高知県四万十市の中平正宏市長は22日、下田地区で計画していた京都看護大学四万十看護学部(仮称)の誘致を断念すると明らかにした。当初2023年4月を目指していた開学が不可能になり、市の負担がさらに増える可能性が高まったことなどが理由。中平市長は取材に対し「改修した施設は無駄にせず、下田の将来に資する活用策を考える。任期中に道筋をつける」としている。

 同学部は看護師国家試験の受験資格が得られる四年制。市によると、…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 四万十市 教育 行政

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月